FC2ブログ

  • 畳その他 カテゴリーの一覧

2018年09月24日(月) 記事No.2267
今日は畳の表替え6畳。家具は3つ。一つは大きく幅170㎝奥行き70㎝高さ180㎝ 整理タンスはそれよりも小さいですがいい箪笥なので、重さは結構あります。あと勉強机。引出を抜いたり中身は出さないで移動です。畳を引き上げる前の写真撮り忘れ。



タンスを移動しやすいように当店から小さい畳を持ち込んで、上げた畳のところに小さい畳を置いて段差無いようにタンスを移動。
畳を引き上げた後入口から撮るとこんな感じ。


畳を張り替えて納品開始。大きい箪笥を置いてあった畳を敷いてタンスを戻していきます。



大きい箪笥元の位置に配置。




次のタンスを配置


すべての畳を敷き終えて完成。
畳を部屋から出す以外は部屋の中で済ませます。
作業は私一人です。(笑)
お客さん驚いてたな~  
スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年08月27日(月) 記事No.2263

近年では畳の裏返し、表替えと言っても意味が分からない方が多いです。
畳の裏返しは畳を持ち上げてひっくり返すだけだと思っている方がかなり多いです。
裏返しとは今現在付いている畳表面の畳表(ゴザ)を剥がして、ひっくり返して縫い付けます。
新しい畳から5年程度での裏返しが理想です。畳縁は新しくする場合がほとんどです。
20090724082213.jpg
畳をひっくり返して畳表と畳床を縫いつけたある糸を解きます。

20090724082447.jpg
畳を表に戻して畳縁と畳床を縫ってある糸を包丁で切りながら畳縁を剥がしていきます。このとき古い畳表を傷つけないようにしなくてはいけません。

20090724082620.jpg
畳表を畳床から剥がすと今までは内側で見えなかった畳表の裏側が出てきます。
年数が8年でも裏側は結構きれいです。
このとき畳床の補修箇所があるときは補修をします。

20090724084452.jpg
畳表をひっくり返します。今まで裏の面だった畳表が表側になり、今まで使って焼けてしまっていた表側が裏側になります。
そして畳床に縫い付けます。

20090724085059.jpg
畳表を畳床に縫いつけた後は畳の端に付いてある畳縁を縫いつける作業です。
畳縁を裏面にしておき、形が崩れにくくする為の下紙(型紙)を上に置きまっすぐ縫い付けます。
この状態では畳縁のイメージが湧きませんね。

20090724090434.jpg
畳縁の裏側のまっすぐ縫ったところを起点に畳縁をひっくり返します。
そうすると縫い目が見えなくなり、畳縁の表の部分が出てきます。
この畳縁を畳の側面に縫い付けます。
畳の上から見ると縫った部分は見えません。

20090724090548.jpg
畳の裏返し完成です。

この作業を6畳でしたら6枚、8畳でしたら8枚作業してお客様のお部屋に敷きこまれていきます。

畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年07月31日(火) 記事No.2259
先日の畳表替え6畳。
畳床は千葉県産で、37kg重い。
畳の裏にS58年10月23日森畳店とありました。
今は亡き父親の字です。
20年前に亡くなってるので、(享年52)久しぶりに再会した気分。
思い出も畳も重い。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年07月17日(火) 記事No.2258
今日は一般住宅の畳の表替え8畳でした。また今回も細かい追加作業です。
写真は以前の物を使います。

Image20086012.jpg
(分かりやすくするためのイメージ写真)
畳の表面である畳表と、畳の端の畳縁を剥がしますと写真のように中に畳床が見えます。

20111226095623.jpg
今回の畳床も縫い止めがしてありませんでした。
稲ワラ畳床は40cmほどの稲ワラを圧縮して作られています。
新畳を作るとき畳床を切ったままですと畳床の端が糸の緩みにより、膨らむ可能性があります。畳床を縫って、後々、端が膨らまないようにする作業が縫い止め作業です。
150306_113148.jpg
150306_113126.jpg

当店の機械は締めて切断しながら、畳床を縫う作業も出来る機械なので、表替えの時も縫い止めをしたいときは締めながら縫うことが出来ます。(今回は包丁ははずしての作業でした。)
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年05月12日(土) 記事No.2254
今日前からお仕事をいただいてるお客様から電話がありました。
「森さんお店やめたの?」

「いいえやってますよ。」

「電話セールスの畳屋さんが森さんやめたっていうから、心配でかけてみたの」

「たまにあるんですよ。そういうデマ。やめてほしいですね。」

「またお願いしますね。」

「わざわざありがとうございました。おまちしてます。」

お断りするために当店の名を出すと言われることがあるみたい。
何件もこのような問い合わせがありました。
電話セールスで嘘はやめてほしい。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年03月20日(火) 記事No.2246
今日は一般住宅の畳の表替えで8畳が3部屋。24畳です。
近頃では珍しくうれしい仕事です。
また今回も細かい追加作業です。
写真は以前の物を使います。

Image20086012.jpg
(分かりやすくするためのイメージ写真)
畳の表面である畳表と、畳の端の畳縁を剥がしますと写真のように中に畳床が見えます。

20111226095623.jpg
今回の畳床も縫い止めがしてありませんでした。
稲ワラ畳床は40cmほどの稲ワラを圧縮して作られています。
新畳を作るとき畳床を切ったままですと畳床の端が糸の緩みにより、膨らむ可能性があります。畳床を縫って、後々、端が膨らまないようにする作業が縫い止め作業です。24畳なので、48か所縫うことになります。
150306_113148.jpg
150306_113126.jpg

当店の機械は締めて切断しながら、畳床を縫う作業も出来る機械なので、表替えの時も縫い止めをしたいときは締めながら縫うことが出来ます。(今回は包丁ははずしての作業でした。)
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年03月17日(土) 記事No.2245





高齢者住宅に入居されるお客様からの依頼で、畳を入れました。
畳の厚さは薄めでいて張替も容易な30mmにして、スロープを付けました。
30mmX幅110mmの角材を電気カンナで斜めに削り鉋で仕上げました。
私の自作です。
きれいに入りました。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年01月26日(金) 記事No.2240
180125_142850.jpg
180125_142836.jpg
180125_142830.jpg
後日ダイケン銀白で畳の表替えをするお客様の為の薄縁を作りました。
その後です。
ハンガーラックやその他小さい家具の下に敷くため、それぞれのサイズに合わせ3枚製作しました。
畳表替えの後に使いました。
小さい箪笥の下には敷きました。
あと2枚はお客様ご自分で整理しながら置きたいということで、置いて終了となりました。
材料を同じもので薄縁にしましたので、畳自体と一体化して感じは良かったです。
以前は買ったもので代用してたので喜んでいただきました。

畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年01月20日(土) 記事No.2239
180120_150606.jpg
後日ダイケン銀白で畳の表替えをするお客様の為の薄縁を作りました。
薄縁も同じ材料で作ります。
ハンガーラックやその他小さい家具の下に敷くため、それぞれのサイズに合わせ3枚製作しました。
畳表替えの後に使います。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年08月03日(木) 記事No.2231
170803_152336.jpg
市松表で新畳8畳でした。。
市松表は
着色等で出来ている柄ではなくい草の天然の色のみで柄が出来ています。
イグサは根のほうが白く、先端に行くと青々としていきます。い草の先端の青い部分と、根元の白い部分をうまく交互に織り柄を作ります。
おしゃれな畳表です。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |