FC2ブログ

  • 畳その他 カテゴリーの一覧

2018年12月12日(水) 記事No.2274
181212_162914.jpg
今日は畳の表替え。
古い畳表を剥がすと昭和45年製の文字が・・・
すごい!
私より5歳年上。
48年選手です。
これからもがんばって畳床として生活ください。

昭和45年の出来事。

1月7日 - 「喜劇王」榎本健一が死去。
1月14日‐第3次佐藤内閣発足。
3月2日 - 花王石鹸、「メリット」を発売。
3月14日 - 日本万国博覧会(大阪万博)開幕(~9月13日)。
3月31日 - 日本航空機よど号ハイジャック事件発生。
4月10日 - ビートルズ解散。
4月10日 - 鈴木自動車工業、「ジムニー」を発売。
6月30日 - トミー、「トミカ」を発売。
10月7日 - ロッテ、10年ぶりパ・リーグ優勝。
10月16日 - キヤノン、国産初のコピー機「NP-1100」を発売。
11月1日 - 三菱自動車工業、「ギャランGTO」を発売。
11月2日 - ヤクルト本社、「ジョア」を発売。
11月6日 - イタリア、中国と国交樹立。
11月25日 - 三島由紀夫、市ヶ谷の自衛隊東部方面総監部にて割腹自決(三島事件)。
12月3日 - 中国・新華社通信が「尖閣諸島は中国領」と報道
スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年12月06日(木) 記事No.2273
181206_084016.jpg
今日は8畳間の荒床の張替え、新畳へと交換の工事でした。
荒床材はコンパネで、カビがひどくフカフカでした。
181206_102647.jpg
既存の土台、床束、大引き(縦の角材)、根太の状況はOK。
根太の間隔が1.5尺間隔でしたので、根太の本数を増やします。

181206_151937.jpg

畳の調湿作用の為。
荒床は杉の荒板(無垢)。
朝8時から作業させていただき、下見の時に採寸、前日準備したことで、12時過ぎに荒床、ネタ補強の作業ほぼ終了。
畳は真ん中の畳は作っていて、床、表の下準備をしたことで、午後から制作しました。
4時半にすべての作業終了。
基本二日間の作業ですが、休憩を取らずの作業でした。
1日で終わらせたい事情がありまして頑張りました。
1日での8畳の荒床張替、新畳工事は初めてでした。
下準備、ちゃんとした下見でできましたが、基本この作業はしません。
疲れました。
完成した安堵からか完成写真撮り忘れ。
この仕事私一人の作業です。



床束とは床の構造の一部。大引から垂直に地面に下ろし、束石を通じて床の荷重を地面に伝える部材です。
大引とは、根太を支えるために、水平に渡される部材のこと。木造の床組の部材。
木造住宅の床で、床板の下に渡した根太と土台の間にわたされる構造材。土台の上に大引きが配され、その上に根太が渡され、さらに床板を支えるという順番に施工される。根太とは垂直に配置される。一般に、大引きは、およそ90cm間隔で土台の上に渡され、およそ9~12cm角の角材が使用されることが多い。

根太(ネタ) 床板を支える為の大引きまたは梁に直交方向に掛け渡された角材
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年11月14日(水) 記事No.2270
181109_101308.jpg

先週と今週で張替えのお宅の畳床は藁床で、膨らんでるところが結構ありました。
なので機械で縫って締め直し。
お客様には見えない作業です。
違いは…
時間がたてばわかるかな~
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年09月24日(月) 記事No.2267
今日は畳の表替え6畳。家具は3つ。一つは大きく幅170㎝奥行き70㎝高さ180㎝ 整理タンスはそれよりも小さいですがいい箪笥なので、重さは結構あります。あと勉強机。引出を抜いたり中身は出さないで移動です。畳を引き上げる前の写真撮り忘れ。



タンスを移動しやすいように当店から小さい畳を持ち込んで、上げた畳のところに小さい畳を置いて段差無いようにタンスを移動。
畳を引き上げた後入口から撮るとこんな感じ。


畳を張り替えて納品開始。大きい箪笥を置いてあった畳を敷いてタンスを戻していきます。



大きい箪笥元の位置に配置。




次のタンスを配置


すべての畳を敷き終えて完成。
畳を部屋から出す以外は部屋の中で済ませます。
作業は私一人です。(笑)
お客さん驚いてたな~  
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年08月27日(月) 記事No.2263

近年では畳の裏返し、表替えと言っても意味が分からない方が多いです。
畳の裏返しは畳を持ち上げてひっくり返すだけだと思っている方がかなり多いです。
裏返しとは今現在付いている畳表面の畳表(ゴザ)を剥がして、ひっくり返して縫い付けます。
新しい畳から5年程度での裏返しが理想です。畳縁は新しくする場合がほとんどです。
20090724082213.jpg
畳をひっくり返して畳表と畳床を縫いつけたある糸を解きます。

20090724082447.jpg
畳を表に戻して畳縁と畳床を縫ってある糸を包丁で切りながら畳縁を剥がしていきます。このとき古い畳表を傷つけないようにしなくてはいけません。

20090724082620.jpg
畳表を畳床から剥がすと今までは内側で見えなかった畳表の裏側が出てきます。
年数が8年でも裏側は結構きれいです。
このとき畳床の補修箇所があるときは補修をします。

20090724084452.jpg
畳表をひっくり返します。今まで裏の面だった畳表が表側になり、今まで使って焼けてしまっていた表側が裏側になります。
そして畳床に縫い付けます。

20090724085059.jpg
畳表を畳床に縫いつけた後は畳の端に付いてある畳縁を縫いつける作業です。
畳縁を裏面にしておき、形が崩れにくくする為の下紙(型紙)を上に置きまっすぐ縫い付けます。
この状態では畳縁のイメージが湧きませんね。

20090724090434.jpg
畳縁の裏側のまっすぐ縫ったところを起点に畳縁をひっくり返します。
そうすると縫い目が見えなくなり、畳縁の表の部分が出てきます。
この畳縁を畳の側面に縫い付けます。
畳の上から見ると縫った部分は見えません。

20090724090548.jpg
畳の裏返し完成です。

この作業を6畳でしたら6枚、8畳でしたら8枚作業してお客様のお部屋に敷きこまれていきます。

畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年07月31日(火) 記事No.2259
先日の畳表替え6畳。
畳床は千葉県産で、37kg重い。
畳の裏にS58年10月23日森畳店とありました。
今は亡き父親の字です。
20年前に亡くなってるので、(享年52)久しぶりに再会した気分。
思い出も畳も重い。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年07月17日(火) 記事No.2258
今日は一般住宅の畳の表替え8畳でした。また今回も細かい追加作業です。
写真は以前の物を使います。

Image20086012.jpg
(分かりやすくするためのイメージ写真)
畳の表面である畳表と、畳の端の畳縁を剥がしますと写真のように中に畳床が見えます。

20111226095623.jpg
今回の畳床も縫い止めがしてありませんでした。
稲ワラ畳床は40cmほどの稲ワラを圧縮して作られています。
新畳を作るとき畳床を切ったままですと畳床の端が糸の緩みにより、膨らむ可能性があります。畳床を縫って、後々、端が膨らまないようにする作業が縫い止め作業です。
150306_113148.jpg
150306_113126.jpg

当店の機械は締めて切断しながら、畳床を縫う作業も出来る機械なので、表替えの時も縫い止めをしたいときは締めながら縫うことが出来ます。(今回は包丁ははずしての作業でした。)
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年05月12日(土) 記事No.2254
今日前からお仕事をいただいてるお客様から電話がありました。
「森さんお店やめたの?」

「いいえやってますよ。」

「電話セールスの畳屋さんが森さんやめたっていうから、心配でかけてみたの」

「たまにあるんですよ。そういうデマ。やめてほしいですね。」

「またお願いしますね。」

「わざわざありがとうございました。おまちしてます。」

お断りするために当店の名を出すと言われることがあるみたい。
何件もこのような問い合わせがありました。
電話セールスで嘘はやめてほしい。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年03月20日(火) 記事No.2246
今日は一般住宅の畳の表替えで8畳が3部屋。24畳です。
近頃では珍しくうれしい仕事です。
また今回も細かい追加作業です。
写真は以前の物を使います。

Image20086012.jpg
(分かりやすくするためのイメージ写真)
畳の表面である畳表と、畳の端の畳縁を剥がしますと写真のように中に畳床が見えます。

20111226095623.jpg
今回の畳床も縫い止めがしてありませんでした。
稲ワラ畳床は40cmほどの稲ワラを圧縮して作られています。
新畳を作るとき畳床を切ったままですと畳床の端が糸の緩みにより、膨らむ可能性があります。畳床を縫って、後々、端が膨らまないようにする作業が縫い止め作業です。24畳なので、48か所縫うことになります。
150306_113148.jpg
150306_113126.jpg

当店の機械は締めて切断しながら、畳床を縫う作業も出来る機械なので、表替えの時も縫い止めをしたいときは締めながら縫うことが出来ます。(今回は包丁ははずしての作業でした。)
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年03月17日(土) 記事No.2245





高齢者住宅に入居されるお客様からの依頼で、畳を入れました。
畳の厚さは薄めでいて張替も容易な30mmにして、スロープを付けました。
30mmX幅110mmの角材を電気カンナで斜めに削り鉋で仕上げました。
私の自作です。
きれいに入りました。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |