• ハウスダスト、シックハウス カテゴリーの一覧

2015年07月09日(木) 記事No.2101
最近たまにカビ問題やダニみたいなのがいると聞かれる質問です。この時期よく家の中で見られるのはこのチャタテムシです。ダニではなく体長0.5~1.0mmの小さな昆虫です。家のいたるところに出ます。暗いところを好み、座布団の下やノートの下などでよく見かけました。チョコチョコ歩くので、よくダニに間違えられ大騒ぎをする人もいます。人体に無害ですが、不快害虫です。
カビの胞子を餌とし、カビの生える高温多湿時に、湿気のこもる部屋の中で大発生します。カビの生えやすい畳や壁紙、乾燥食品等が発生源となる事が多いようです。 乾燥状態を保てば自然といなくなりますが、古いそば殻枕や、乾燥食品からも出てくるので、この様な物には注意が必要です。
スポンサーサイト
ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年03月25日(水) 記事No.2065
ハウスダストとは 室内に浮遊する 微粒子のことで、最近、アレルギー症状や、花粉症ぜんそく等の症状の原因と言われています。
この、ハウスダストそのものは、 チリ、ホコリ、ダニの死骸、ダニのフン、繊維クズ花粉や胞子、たばこの煙粒子などなど沢山の種類が有りますが、目に見えないくらいの小さいホコリです。
昔と違って掃除機を使うことが多く、さらに住宅の気密性が向上したことで、せっかく掃除をしても部屋のほこりは空気中に舞い上がり、漂うことが多くなっています。
最近、アレルギー体質の方が増えています。その原因のひとつはハウスダスト。このハウスダスト1gの中には、なんとダニ(死骸を含む)が、数100匹~1万匹もいるのです。
これが、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、小児喘息などを引き起こしたりします。そこで、ダニをいかに取り除くかが、アレルギーの予防と治療には不可欠なのです。

ダニの最も繁殖しやすい環境 = 温度…25度 湿度…60%

私達人間は、快適に生活をするために年中エアコンで室内気温を一定に保ち、家屋の隙間を無くして、アルミサッシなどを使用し、密閉製の高い住宅環境を作ってきました。
実は、そのことは私達のみにあらず、ダニにとっても絶好の繁殖し易い環境を作り出してしまったのです。
私達人間が快適に生活をする環境を作ると 同時にダニが繁殖し易い環境も作られます。


の中の何が原因なのか?
ハウスダストには、花粉、動物の毛、繊維、ダニ、砂埃、人のフケ、カビなどがある。これらを単純にアレルゲンとそうでないものに分けると次のようになる。

アレルゲン          中間       アレルゲンでない
花粉、動物の毛、カビ   ダニ      人のフケ、砂埃、繊維


ダニが中間に位置している理由は、ダニは生きている限りはアレルゲンになることはなく、一方、死んでしまうとその死骸がアレルゲンとなるためである。また、ダニそのものではなくダニのフンがアレルギーの原因になる。ダニの死骸やフンには、たんぱく質が含まれ、このたんぱく質がアレルギーの原因である。ダニは死骸になるとバラバラになり中のたんぱく質が表面にでてアレルギーを起こす。また、死ぬと重さが1/2になり、バラバラの状態で空気中に舞い呼吸によって体内に取り込まれ、アレルギー反応を起こす。 
         
ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年06月29日(金) 記事No.1706
2010-07-27-0.jpg
最近たまにカビ問題やダニみたいなのがいると聞かれる質問です。この時期よく家の中で見られるのはこのチャタテムシです。ダニではなく体長0.5~1.0mmの小さな昆虫です。家のいたるところに出ます。暗いところを好み、座布団の下やノートの下などでよく見かけました。チョコチョコ歩くので、よくダニに間違えられ大騒ぎをする人もいます。人体に無害ですが、不快害虫です。
カビの胞子を餌とし、カビの生える高温多湿時に、湿気のこもる部屋の中で大発生します。カビの生えやすい畳や壁紙、乾燥食品等が発生源となる事が多いようです。 乾燥状態を保てば自然といなくなりますが、古いそば殻枕や、乾燥食品からも出てくるので、この様な物には注意が必要です。

ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年07月27日(火) 記事No.1288
2008-09-08-0.jpg
最近たまにカビ問題やダニみたいなのがいると聞かれる質問です。この時期よく家の中で見られるのはこのチャタテムシです。ダニではなく体長0.5~1.0mmの小さな昆虫です。家のいたるところに出ます。暗いところを好み、座布団の下やノートの下などでよく見かけました。チョコチョコ歩くので、よくダニに間違えられ大騒ぎをする人もいます。人体に無害ですが、不快害虫です。
カビの胞子を餌とし、カビの生える高温多湿時に、湿気のこもる部屋の中で大発生します。カビの生えやすい畳や壁紙、乾燥食品等が発生源となる事が多いようです。 乾燥状態を保てば自然といなくなりますが、古いそば殻枕や、乾燥食品からも出てくるので、この様な物には注意が必要です。
ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年08月03日(月) 記事No.1020
2008-09-08-0.jpg
最近たまにカビ問題やダニみたいなのがいると聞かれる質問です。この時期よく家の中で見られるのはこのチャタテムシです。ダニではなく体長0.5~1.0mmの小さな昆虫です。家のいたるところに出ます。暗いところを好み、座布団の下やノートの下などでよく見かけました。チョコチョコ歩くので、よくダニに間違えられ大騒ぎをする人もいます。人体に無害ですが、不快害虫です。
カビの胞子を餌とし、カビの生える高温多湿時に、湿気のこもる部屋の中で大発生します。カビの生えやすい畳や壁紙、乾燥食品等が発生源となる事が多いようです。 乾燥状態を保てば自然といなくなりますが、古いそば殻枕や、乾燥食品からも出てくるので、この様な物には注意が必要です。
ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年09月07日(日) 記事No.689
最近急に雨が降ったり、湿度が高く蒸し暑かったりしていました。
今年初です。
畳の表替えをしたお客様からカビの相談を受けました。
お宅に伺うとやはりカビが生え始めでした。(1階)
あまり使っていない部屋というのも影響があったし、最近のこの気候です。
襖の紙も湿気を吸ってたるんでる状態でした。
確実に湿気が多すぎます。
さらに新しい畳表は畳表自体の水分意外に、外の水分を吸着する力が古い畳表に比べかなり高いです。
新しい畳表ほどカビが生えやすいというのも事実だと思います。
当店の除湿機を持って行きまして、冷房との併用で様子を見ました。
6畳の部屋に半日で除湿機には2リットルほどの水が取れていました。
あと数日除湿機を使う方向で対処しようと思います。
ところでこの話を我が家でした所、我が家の珪藻土の壁にも少しカビが生えたそうです。
最近のジメジメには本当に困ってしまいます。
Image200890602.jpg
Image200890701.jpg


明日はよくダニと間違われるチャタテ虫類について
ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年04月02日(水) 記事No.533
ハウスダストとは 室内に浮遊する 微粒子のことで、最近、アレルギー症状や、花粉症ぜんそく等の症状の原因と言われています。
この、ハウスダストそのものは、 チリ、ホコリ、ダニの死骸、ダニのフン、繊維クズ花粉や胞子、たばこの煙粒子などなど沢山の種類が有りますが、目に見えないくらいの小さいホコリです。
昔と違って掃除機を使うことが多く、さらに住宅の気密性が向上したことで、せっかく掃除をしても部屋のほこりは空気中に舞い上がり、漂うことが多くなっています。
最近、アレルギー体質の方が増えています。その原因のひとつはハウスダスト。このハウスダスト1gの中には、なんとダニ(死骸を含む)が、数100匹~1万匹もいるのです。
これが、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、小児喘息などを引き起こしたりします。そこで、ダニをいかに取り除くかが、アレルギーの予防と治療には不可欠なのです。

ダニの最も繁殖しやすい環境 = 温度…25度 湿度…60%

私達人間は、快適に生活をするために年中エアコンで室内気温を一定に保ち、家屋の隙間を無くして、アルミサッシなどを使用し、密閉製の高い住宅環境を作ってきました。
実は、そのことは私達のみにあらず、ダニにとっても絶好の繁殖し易い環境を作り出してしまったのです。
私達人間が快適に生活をする環境を作ると 同時にダニが繁殖し易い環境も作られます。


の中の何が原因なのか?
ハウスダストには、花粉、動物の毛、繊維、ダニ、砂埃、人のフケ、カビなどがある。これらを単純にアレルゲンとそうでないものに分けると次のようになる。

アレルゲン          中間       アレルゲンでない
花粉、動物の毛、カビ   ダニ      人のフケ、砂埃、繊維


ダニが中間に位置している理由は、ダニは生きている限りはアレルゲンになることはなく、一方、死んでしまうとその死骸がアレルゲンとなるためである。また、ダニそのものではなくダニのフンがアレルギーの原因になる。ダニの死骸やフンには、たんぱく質が含まれ、このたんぱく質がアレルギーの原因である。ダニは死骸になるとバラバラになり中のたんぱく質が表面にでてアレルギーを起こす。また、死ぬと重さが1/2になり、バラバラの状態で空気中に舞い呼吸によって体内に取り込まれ、アレルギー反応を起こす。 
         
ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年09月27日(木) 記事No.349
2006-09-07-0.jpg

最近たまにカビ問題やダニみたいなのがいると聞かれる質問です。この時期よく家の中で見られるのはこのチャタテムシです。ダニではなく体長0.5~1.0mmの小さな昆虫です。家のいたるところに出ます。暗いところを好み、座布団の下やノートの下などでよく見かけました。チョコチョコ歩くので、よくダニに間違えられ大騒ぎをする人もいます。人体に無害ですが、不快害虫です。
カビの胞子を餌とし、カビの生える高温多湿時に、湿気のこもる部屋の中で大発生します。カビの生えやすい畳や壁紙、乾燥食品等が発生源となる事が多いようです。 乾燥状態を保てば自然といなくなりますが、古いそば殻枕や、乾燥食品からも出てくるので、この様な物には注意が必要です。

ダニ類について

ハウスダスト
http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-29.html
ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(1) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2007年02月02日(金) 記事No.30
近年、シックハウス、化学物質過敏症という言葉をよく聞くようになりました。
特に建築が指摘される事が多いですが、生活するうえですべてのものが当てはまると思います。
シックハウス、化学物質過敏症の原因化合物としてホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、p-ジクロロベンゼンなどなど様々な原因化合物があります。
床や壁の建材、接着剤
畳の防虫シート 
土台の防蟻剤、木材保存剤
壁、外壁の溶剤、塗料
クローゼット、家具、接着剤 防虫剤 (家具はシックハウス規制対象外)
衣服や、生活必需品も例外ではありません。
自然素材であっても、臭いや、油分に対して反応してしまう方もいます。
シックハウス、化学物質過敏症の原因物質を0にすることはまず不可能ですが、化学物質を吸着する効果のあるイグサ、珪藻土、エコ壁紙などなどを上手に使いながら、過敏になり過ぎず化学物質に対するリスクをできるだけ押さえるのがよいと思います。
あと換気、日光に当てたり、暖房の熱で、化学物質を放出するのも一つの方法だと思います。
(やり方を間違えると製品を劣化してしまう場合もあります)
ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年02月02日(金) 記事No.29
ハウスダストとは 室内に浮遊する 微粒子のことで、最近、アレルギー症状や、花粉症ぜんそく等の症状の原因と言われています。
この、ハウスダストそのものは、 チリ、ホコリ、ダニの死骸、ダニのフン、繊維クズ花粉や胞子、たばこの煙粒子などなど沢山の種類が有りますが、目に見えないくらいの小さいホコリです。
昔と違って掃除機を使うことが多く、さらに住宅の気密性が向上したことで、せっかく掃除をしても部屋のほこりは空気中に舞い上がり、漂うことが多くなっています。
最近、アレルギー体質の方が増えています。その原因のひとつはハウスダスト。このハウスダスト1gの中には、なんとダニ(死骸を含む)が、数100匹~1万匹もいるのです。
これが、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、小児喘息などを引き起こしたりします。そこで、ダニをいかに取り除くかが、アレルギーの予防と治療には不可欠なのです。

ダニの最も繁殖しやすい環境 = 温度…25度 湿度…60%

私達人間は、快適に生活をするために年中エアコンで室内気温を一定に保ち、家屋の隙間を無くして、アルミサッシなどを使用し、密閉製の高い住宅環境を作ってきました。
実は、そのことは私達のみにあらず、ダニにとっても絶好の繁殖し易い環境を作り出してしまったのです。
私達人間が快適に生活をする環境を作ると 同時にダニが繁殖し易い環境も作られます。


ハウスダストの中の何が原因なのか?
ハウスダストには、花粉、動物の毛、繊維、ダニ、砂埃、人のフケ、カビなどがある。これらを単純にアレルゲンとそうでないものに分けると次のようになる。

アレルゲン          中間       アレルゲンでない
花粉、動物の毛、カビ   ダニ      人のフケ、砂埃、繊維


ダニが中間に位置している理由は、ダニは生きている限りはアレルゲンになることはなく、一方、死んでしまうとその死骸がアレルゲンとなるためである。また、ダニそのものではなくダニのフンがアレルギーの原因になる。ダニの死骸やフンには、たんぱく質が含まれ、このたんぱく質がアレルギーの原因である。ダニは死骸になるとバラバラになり中のたんぱく質が表面にでてアレルギーを起こす。また、死ぬと重さが1/2になり、バラバラの状態で空気中に舞い呼吸によって体内に取り込まれ、アレルギー反応を起こす。 
         
ハウスダスト、シックハウス |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |