• 2013年07月 の記事一覧

2013年07月30日(火) 記事No.1883
2010-11-18-0.jpg
市松表は
着色等で出来ている柄ではなくい草の天然の色のみで柄が出来ています。
イグサは根のほうが白く、先端に行くと青々としていきます。い草の先端の青い部分と、根元の白い部分をうまく交互に織り柄を作ります。
おしゃれな畳表です。
このように畳と言ってもいろんな種類があります。


タタミマンの勘違い。

ニュースを見ていてタタミマン。
「ねえ、お父さんパワハラって何?」
「パワーで腹を殴ること?」
違います。
意味を教えましたが覚えてくれるだろうか…

パワーハラスメント
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

スポンサーサイト
畳表 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年07月26日(金) 記事No.1882
タタミマン3号。
カタカナの埋め合わせ問題。
マッ〇。
マッチの絵があります。
これなんだっけ・・・
マッチョ!
火が筋肉になっちゃった。
食べ放題も…
なんだっけ?
好きなの食べれるやつ…・
食いしん坊。
違うんだな。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年07月23日(火) 記事No.1881
P1010142.jpg

まず畳床を用意します。

P1010143.jpg

片方の畳床を切りながら縫います。
このとき縫わないと今後ワラ畳床が膨らむ可能性が高いので、この工程は省かない方が良いです。

P1010144.jpg

そして反対側を寸法に合わせ印を付け切りながら縫います。これで畳の丈〈長さ〉の寸法が決まりました。

P1010145.jpg

畳床に合わせて畳表の端を少し切り用意します。

P1010146.jpg

片方の畳床に
畳表を合わせて縫い付けていきます。

P1010147.jpg

畳表を機械や手でたるみがでないように張り〈引っ張る〉、畳床に縫い付け、畳表張り完成!〈框縫い〉
P1010149.jpg

片方の余分な畳表のひげの部分をまっすぐ切りそろえます。

P1010148.jpg

そのあと反対の畳表を寸法を測りながら余分な畳表を切ります。これで畳の幅の寸法が決まり畳の大きさが決まりました。
畳表張り完成〈框〉

P1010129.jpg

畳縁を縫いながら、
余分な畳床を機械が切っていきます。
〈平刺し縫い)

P1010202.jpg

縫い終わった畳縁ををひっくり返します。
(写真は縁が違いますがイメージです)

P1010130.jpg

隅を止めひっくり返した畳縁を縫います。(返し縫い)

P1010131.jpg

新畳完成です。!
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年07月19日(金) 記事No.1880
20130719180451.jpg
我が家の座イスに夏用に薄縁を加工しました。
座イスのサイズの薄縁を作って、ゴムを縫い付けてこんな感じ。
べたづかず、すっきりします。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年07月17日(水) 記事No.1879
2006-07-10-2.jpg
畳と聞いて思い浮かぶのは表面に見える畳表(ござ?)と畳のふち(畳縁)が連想されると思います。
現在の畳は畳床(畳の土台)に畳表をかぶせて縫い、畳縁を縫い付けた物をいいます。(縁無し畳も畳です)写真上は分かりやすいようにばらしてみました。
畳の主役ともいえる畳表ですが、イグサと言う植物を織り上げて作られています。畳表の産地ですが、国産と中国産とが違いとしては主ですが、国内の産地も石川(小松表)、広島(備後)、高知、福岡、佐賀、熊本、大分(七島)とあります。現在では熊本県以外の生産はかなり生産量は少ないです。
同じように中国の産地もいろいろあります。
畳表は産地の違いだけではなくイグサの長さの違い、織り方、重量などでランクがあります。
通常の畳表(熊本産)のランクの違いは(当店の場合)このようになります。
1番草の畳表 (イグサの長さ)130cm以上  2.2~2.3㎏
2番草の畳表 (イグサの長さ)120~130cm  2.1㎏
3番草の畳表 (イグサの長さ)115~120cm  1.8~1.9㎏
4番草の畳表 (イグサの長さ)110~115cm 1.5~1.6kg
5番草の畳表 (イグサの長さ)110cm以下  1.5㎏
そのほかに1番よりイグサが長く良い畳表もあったり、市松表など柄織りの畳表があったり、生産地(生産者)、織り方、そのほか新製品(イグサ以外の畳表)など種類はたくさんあります。
写真下は1番草の畳表と5番草の畳表を比べてみました。見た目だけの違い分かるでしょうか。

畳表が出来るまで
http://2.suk2.tok2.com/user/moritatami/?y=2006&m=01&d=26&all=0
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2013年07月11日(木) 記事No.1878
今日は古い畳を新畳に変え、下の床も直す工事でした。
畳の下はもともとフローリングで、それを和室に改造したものでした。
カビが生え、床はベコベコ。
隣のリビングとつながっていたのですが、リビングはリフォーム済み。
上から新たなフローリングが貼ってあります。
和室のフローリング材と根太を撤去しました。
20130711093917.jpg
大引き、柄に問題はなかったので、根太を入れ替えて、杉の荒板わはって完成です。
写真は撮るの忘れました。
暑かったので作業に必死で・・・
20130711161051.jpg
20130711162524.jpg
畳を敷き込んで完成です。
今日の流れは午前8時半にお客様のところにお伺い。(前もって見積りにお伺いしてます)
畳撤去。
お部屋の採寸。
床材の解体撤去。
床張り替え。
その間畳制作。
午後4時過ぎ畳の敷き込み完了。
私が木工事、カッ君が畳制作、2人で、当日で終了です。

床束とは床の構造の一部。大引から垂直に地面に下ろし、束石を通じて床の荷重を地面に伝える部材です。
大引とは、根太を支えるために、水平に渡される部材のこと。木造の床組の部材。

木造住宅の床で、床板の下に渡した根太と土台の間にわたされる構造材。土台の上に大引きが配され、その上に根太が渡され、さらに床板を支えるという順番に施工される。根太とは垂直に配置される。一般に、大引きは、およそ90cm間隔で土台の上に渡され、およそ9~12cm角の角材が使用されることが多い。

根太(ネタ) 床板を支える為の大引きまたは梁に直交方向に掛け渡された角材

荒板(アライタ) 荒床(あらゆか)の材料。 畳の下地としての床。 仕上げをしていない板(荒板)を用いるので荒床と呼ばれる。 無垢の板材を使用した床をさすことが多い。 合板などを張ることも多いが畳の調湿作用がうまくいかずに、畳、床の耐久性に問題が出る場合があります。



建築 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年07月10日(水) 記事No.1877
千葉テレビで、6時半から放送していたアニメ、ニルスのふしぎな旅の最終回でした。
千葉テレビでは昔のアニメが放送されてるので子供たちが見ます。
やんちゃなニルスがよう精に小人にされガンの群れと旅をする物語です。
仕事もあるのですべては見られませんでしたが。
初回、最終回はちゃんと見れてよかったです。
感動でした。
子供のころ見たはずですが、父親になったから見るとまた目線が変わってとにかく感動。
こういうアニメ子供に見せたいな~
近年では子供用の番組少なくなった気がします。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年07月09日(火) 記事No.1876
今日tyujoさんから梅酢をもらいました。
自家製です。
梅干しもとにかく上手に作っています。
梅と塩。添加物はなしです。
売られてる梅干しには少なくなりました。
今年は私の妻の実家の梅も梅干しにしてくれました。
すべて回収(笑)
新しい梅干しはお天道様。の香りと言いますか、なかなか良い香りです。
食べ始めました。
数週間すると本当の梅干しになるようです。
さて梅酢。
さっそく使いました。
山芋に梅酢を入れて・・・
20130709182020.jpg
梅酢の赤い色から山芋がピンクに変わりました。
見た目もきれい。
猛烈な暑さの今。
これ最高でした。
明日も頑張ります。
汗をかく仕事。
梅系いいかも。

日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年07月07日(日) 記事No.1875
タタミマン3号(三男)。私が豆苗の話をすると、「えっ!糖尿?」 野菜が病気になっちゃった。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年07月04日(木) 記事No.1874
20130704140217.jpg
今日表替えした畳は長かったです。
通常の畳は176cmX88cm前後なのですがこの畳205cm以上ある。
30cmも長い。
運びづらく作りにくかったです。
当店の畳表は10畳分連続で織られているものを1畳ずつ切ってもらわないで、連続のまま仕入れてるので、材料の苦労はありませんでした。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年07月03日(水) 記事No.1873

今日は畳の裏返しでした。
近年では畳の裏返し、表替えと言っても意味が分からない方が多いです。
畳の裏返しは畳を持ち上げてひっくり返すだけだと思っている方がかなり多いです。
裏返しとは今現在付いている畳表面の畳表(ゴザ)を剥がして、ひっくり返して縫い付けます。
新しい畳から5年程度での裏返しが理想です。畳縁は新しくする場合がほとんどです。
20090724082213.jpg
畳をひっくり返して畳表と畳床を縫いつけたある糸を解きます。

20090724082447.jpg
畳を表に戻して畳縁と畳床を縫ってある糸を包丁で切りながら畳縁を剥がしていきます。このとき古い畳表を傷つけないようにしなくてはいけません。

20090724082620.jpg
畳表を畳床から剥がすと今までは内側で見えなかった畳表の裏側が出てきます。
年数が8年でも裏側は結構きれいです。
このとき畳床の補修箇所があるときは補修をします。

20090724084452.jpg
畳表をひっくり返します。今まで裏の面だった畳表が表側になり、今まで使って焼けてしまっていた表側が裏側になります。
そして畳床に縫い付けます。

20090724085059.jpg
畳表を畳床に縫いつけた後は畳の端に付いてある畳縁を縫いつける作業です。
畳縁を裏面にしておき、形が崩れにくくする為の下紙(型紙)を上に置きまっすぐ縫い付けます。
この状態では畳縁のイメージが湧きませんね。

20090724090434.jpg
畳縁の裏側のまっすぐ縫ったところを起点に畳縁をひっくり返します。
そうすると縫い目が見えなくなり、畳縁の表の部分が出てきます。
この畳縁を畳の側面に縫い付けます。
畳の上から見ると縫った部分は見えません。

20090724090548.jpg
畳の裏返し完成です。

この作業を6畳でしたら6枚、8畳でしたら8枚作業してお客様のお部屋に敷きこまれていきます。

畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |