• 2013年12月 の記事一覧

2013年12月29日(日) 記事No.1927
今日で今年の仕事は終了です。
昨日の四畳半の表替えです。
ちょっと前お見積りをして今日施工でした。
築5年のお宅で、畳床は稲ワラ畳床
ワンちゃんがいて擦り傷が多かったので、表替えでお見積り。
ではこれでと注文されました。
そのあとの話で・・・
以前ほかの業者さんで見積もりをしていたそうです。
ショッピングセンター(デパート?)
にショールームがあり、先着何名様。という安売りチラシを出してる業者さんでした。
私たち畳屋とはちょっと違う感じです。
見積もりの内容は、畳床もだめ。床板もだめ。
新畳と床張り替え工事をしなくてはいけないと言われ、すぐ返事をくれと言われたそうです。
予算も完全にオーバーでしたので勇気をだして断ったそうです。
当店のHPを見てくださり、連絡いただきました。
だから表替えの見積りでホッとしていたのか~
その話を聞かされたので、もう一度、稲ワラ畳床で使えることを説明し、床板も畳をはがしてみてもらい私の判断ですと全く問題ありませんと説明させていただきました。
ダメな家なのかと心配になったそうです。
築5年ですもん。相当な問題建築でない限りあり得ないと思うのですが…
それに地震でも全く亀裂等もないようなのでちゃんとしてるお家だと思います。
131228_153158.jpg
工事完了。
縁は明るくピンク系。
畳も熊本県産の良質なものを選んでいただきました。
業者、店により、かなり違う見積もりが出る場合が近年では多くなりました。

スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年12月27日(金) 記事No.1926
今日は畳の表替え8畳でした。写真は以前の物を使います。
Image20086012.jpg
(分かりやすくするためのイメージ写真)
畳の表面である畳表と、畳の端の畳縁を剥がしますと写真のように中に畳床が見えます。

20111226095623.jpg
今回の畳床も縫い止めがしてありませんでした。
稲ワラ畳床は40cmほどの稲ワラを圧縮して作られています。
新畳を作るとき畳床を切ったままですと畳床の端が糸の緩みにより、膨らむ可能性があります。畳床を縫って、後々、端が膨らまないようにする作業が縫い止め作業です。
当店の機械は締めて切断しながら、畳床を縫う作業も出来る機械なので、表替えの時も縫い止めをしたいときは締めながら縫うことが出来ます。(今回は包丁ははずしての作業でした。)
写真がそうですが、①の横が畳床を縫う針です。20cm以上あります。
この針が畳に刺さって下の糸を引っ張り上げながら縫っていきます。
この作業をすると仕上がりが良くなると思います。
お客様には見えない作業ですね。

稲ワラ畳床製造工程 http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-1114.html

畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年12月24日(火) 記事No.1925
同級生にかなり久しぶりに会った。
「もりくんげんき~久しぶりだね~」
そこでちょっと話していると、
「もりくん変わんないね~ いくつになった?」
自分と同じだよ!
昔から天然だと思っていたが…
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年12月17日(火) 記事No.1924
131217_203405.jpg
タタミマン2号、3号が自分の勉強机を使って秘密基地を作ったとのこと。
新聞紙、段ボール箱で仕切りが作られてる。
中に明かりを入れて秘密基地。
この中で寝られるそうだ!
タタミマン父は机の隙間から携帯で写真を撮りました。
楽しそうだね~
タタミマン |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年12月11日(水) 記事No.1923


日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年12月04日(水) 記事No.1922
131203_133527.jpg
今日の畳の表替えは熊本県産の市松表でを使用しました。
市松表は
着色等で出来ている柄ではなくい草の天然の色のみで柄が出来ています。
イグサは根のほうが白く、先端に行くと青々としていきます。い草の先端の青い部分と、根元の白い部分をうまく交互に織り柄を作ります。
おしゃれな畳表です。
このように畳と言ってもいろんな種類があります。
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |