• 2015年01月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2015年01月28日(水) 記事No.2043
150128_145801.jpg
作業場兼自宅の庭(3坪ほど)6~7年前から自然薯の弦が出てきた。
去年は掘らないでいて、今年掘ってみた。
こんなのが3本。
すごいけど…
千切りにしたら少し硬かった。
自然薯は秋に掘るものなのでしょうか?
スポンサーサイト
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年01月25日(日) 記事No.2042
新聞を見ていると寝台特急北斗星が3月で定期運航終了。
臨時運行も8月までで、車体は解体と新聞に書いてあった。
ブルートレインもなくなりますね。
畳表の生産地野熊本に行った時乗ったはやぶさ。
長男が小学校卒業の記念に乗った北斗星。
もう乗れないんだな~
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年01月23日(金) 記事No.2041
2010-09-16-0[1]
写真の畳表から出ている色の付いた糸は県証糸と言うものです。
写真左は熊本県産糸引き畳表、右は広島産(備後)麻糸市松畳表です。
県証糸は畳表の日本農林規格のたて糸の基準(太さ、引張り強さ、伸び率、混用率)を満たし、その証明として「県証糸」が入ってます。
県の証なので、それそれの県で違うようです。
熊本産では品物により、りんどう色やいちょうりんどう色があります。
畳屋は見えますが、お客様には見えないものですね 。
畳表 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年01月19日(月) 記事No.2040
150118_155817.jpg
昨日子どもと柿の木と、キウイの木の剪定をしました。
いらない枝を切っていくと…
すごい量の切った枝が!
それも細かく切って集めました。
そのあと今は閉鎖してますが義父の卓球センターで卓球をしました。
そんな子供たちとの休日。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年01月17日(土) 記事No.2039
2009-12-23-0.jpg
写真は摺上げ猫間障子といいます。
障子の下部半分にガラスが組み込まれていまして、室内部側に小障子または孫障子と呼ばれる小さく移動可能な障子を組み込んでいます。
小障子を下げた状態が写真上で、上げて外が見える状態にすると写真下のようになります。
この移動可能な障子を組み込んである障子を猫間障子といい、小障子が上下に移動する物を摺上げ猫間障子といい、左右に動く物を引分け猫間障子、方引き猫間障子となどといいます。

移動可能な障子を組み込んでなく、半分がガラスが組み込んである障子を雪見障子と言いますが、近年では摺上げ猫間障子も雪見障子という人が多いです。

 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年01月13日(火) 記事No.2038
畳表生産者のやすのぶさんの畳表が出来るまでをまとめました。

畳表の原材料のイグサは12月に植え付けをして冬を越して6~7月の収穫を迎えます。
苗
イ苗割り

まずは八月苗を苗堀り細かく株分けをしていきます。
この作業は毎晩11時頃まで行っています。
ある程度まとめて袋に入れて植えやすいように短く切ります。
10アール当たり25~30袋必要です。
型付け
植え付け

苗がそろったら田んぼに型を付け苗を配り植えていきます。
横に6列ずつ約100メートルの田んぼを後ろに下がりながら植えていきます。
1列でだいたい1時間半くらいかかります。
腰が痛くなるし寒い時は特に指先が冷たく大変な作業です。


12月に植えたイグサの田んぼの2月頃の写真です。
Img_0339.jpg
Img_0338.jpg

イ草が伸びてきたら網上げをします。
その前に網と網の間のイ草を棒を使って両側の網に入れていきます。
G.jpg
通り道を作り網上げの時にはここを通ります。

H.jpg

肥料散布も終わり、後は程よい雨が降ると収穫の頃には
杭木が隠れる位に伸びます。

なぜ網を張るかというと、イグサは細長いので倒れてしまわない為に張ります。
網を張った後は網と網を紐でつないだり、イグサの伸びに合わせて段々と上げていきます。
通称「網きびり」と「網上げ」

J158.jpg

最近の作業です。
まずは肥料散布。
この他に肥料を水に溶かして流す「流し肥」というやり方があります。

K532.jpg
「網上げ」と「網きびり」後の写真です。イグサ自体は1本1本細い為、1m数十センチ(時には2m近く)にも伸びるイグサが倒れて折れてしまわないように、網を張った後は網と網を紐でつないだり、イグサの伸びに合わせて段々と上げていきます。
「網上げは」網を揺さぶりながら上げていきます。
「網きびり」は網が緩くならないように網と網を何カ所も結んでいきます。

L987.jpg
それとイ草に被害を与えるイグサシンムシガの防除をします。
被害にあった茎です。色が変わってるのが幼虫の食害によって
枯れてきてる茎です。

M654.jpg

画像はイグサシンムシガです。
特徴はイ草に止まると半回転して下向きになります。

a.jpg
b.jpg
イグサの刈り取りです。
この機械はハーベスタです。
2条刈りです。
センサーが着いてて自動でまっすぐ刈り取って、
ある程度束になって出てきます。
刈り取りは朝早くと夕方の涼しい時に行います。
晴天の日中に刈るとイ草の温度が上がり
ムレ、染めムラ、茎のしおれなどにより品質低下の原因になります。

c.jpg

刈り取ったイ草は積み直してシャワーをして冷やしてやります。
また汚れも落としてやります。
シャワーが済んだら泥染めです。
水に溶かした染土に生のい草をつけ込む作業のこと。畳独特の色合いを出したり、退色を防いだりする。また、この作業によって畳独特の香りが生まれます。
泥染め機です。
e123.jpg
中には水で溶かした染土が入ってます。
バーが回転して1束ずつ置くと染土の中を通って反対側に出てきます。
f123.jpg

染土で染めた後のイ草です。
g123.jpg

それを今度は乾燥釜に入れます。
h123.jpg

入れ終わったら乾燥します。
ここ数年は60℃→55℃で約16時間乾燥しています。
以前は70℃→65℃で約14時間でしたが
低温で乾燥することで、変色茎が少なく光沢が増します。
また摩耗・引っ張り強度が強くなります。
ただ不乾燥になりやすいので注意が必要です。

95647.jpg

乾燥中です。
燃料は重油です。

25489.jpg

乾燥が済んだら結束機で9束ずつ結束していきます。
余分な染土を落としながらの作業なのでかなり汚れます。

324789.jpg

結束したら日に焼けたり空気に触れて変色しらいように黒い袋に入れます。

47920.jpg


そして倉庫の2階に
湿気、光、風などを遮断して保管します。

畳表を織るまでの作業手順です。
選別機
選別です。田んぼで刈り取ったイグサを選別機で長さ別に分けていきます。
選別機に乗せて段階的にぬいていきます。
当然、長いイ草の方が質は良いです。
選別イ
選別後のイグサの束です。
同じイグサの田んぼの中でもいろんな長さのイグサが出来ます。
このイグサの束別(種類別)に織って行くのですが、それぞれまったく厚さも見た目も異なった畳表に仕上がります。
かし機
選別したイ草はこのままでは水分が少なく折れやすいので
かし機(加湿器)で適度な水分を与え、全体を柔軟にします。
この加湿で畳表の良し悪しが左右されます。
季節や天候によって加湿時間は変わります。
傷の発生を抑えるとともに、経糸やイ草同志の折り合いを良くし、
表面をなめらかにします。

かし機(加湿器)で適度な水分を与え、全体を柔軟にすることが済んだら製織です。
選り出し
選り出しB
茎の先端、中央、根元の各部分をよく見て
枯れイグサ、変色イグサ、害虫被害イグサ、折れイグサなどを取り除いていきます。
織機
済んだら織機にのせて織っていきます。
織機が一本一本イグサを織り込んでいきます。(私も見たことがありますがとても面白い光景です。)
仕上げ
織ったら仕上げ包丁を使ってイ切れや2本差しなどを
取り除き仕上げていきます。(畳表の不具合を調整して製品に仕上げます)

最後は天日干しをして乾燥して出来上がりです。

この畳表が梱包され、畳店が畳に加工し、お客様のところに届けられます。

新畳が出来るまで、http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-936.html

畳表替えhttp://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-1202.html
畳表が出来るまで |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年01月09日(金) 記事No.2037
150109_151233.jpg
タタミマン3号が仕事場掃除のため出動。
自分で作った畳表の鉢巻きをして掃除開始!
がんばりました。

畳振興大使、タタミマン3号仕事場に参上!

任務

遊びたい怪獣と対戦!   畳の上で遊ぶ。
食欲怪獣と対戦!     畳の上で食事。
睡魔怪獣と対戦!     畳の上で睡眠。

そして作業場でお手伝い!〈遊び〉 戦う場所自宅の和室&作業場

行けタタミマン!戦えタタミマン!泣くなタタミマン!
明日のたたみ業界の為、人知れず勝手に自宅と作業場で戦う。
みんなもタタミマンを応援してね!〈笑〉
タタミマン |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年01月07日(水) 記事No.2036
150107_101310.jpg
今日は洋間に畳納品です。
6畳になります。
入り口の木枠です。
幅10.5cmに木を斜めにカットしてつまづきにくいように。
150107_101317.jpg
クローゼットもあるので、入り口とクローゼット前の木枠はL字になります。
150107_103627.jpg

入り口、クローゼット前はこんな感じ。
150107_103619.jpg
150107_103639.jpg
洋間に畳完成です。
このような工事最近増えた気がします。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年01月05日(月) 記事No.2035
150103_121935.jpg
今年のお正月の遊びは妻の実家で凧上げ、卓球をしました。
最近は子供も大きくなりまして我が家で畳滑り台を作ることもなくなりました。
後トランプもしました。
子供たちいつまで遊んでくれるでしょう。
150104_114102.jpg
小春ちゃんは玄関の壁に寄りかかり日向ぼっこ。
後ろ足は両方とも持ち上げており人間みたいな座り方。かわいかったです。
明日から仕事を開始します。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。