• 2015年11月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2015年11月26日(木) 記事No.2134
151123_165833.jpg
最近うちの子供たち室内イルミネーションあまり喜ばなくなりました。
4年前買ったのに…
だから思い切って仕事場にイルミネーション。
夕方から点灯中です。
あれ・・・
なんか増やしたい気分になってきた。
スポンサーサイト
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年11月20日(金) 記事No.2133
2009612.jpg

平安時代には貴族の住まいの建築様式である寝殿造に座具や寝具としての置き畳として使われていて、この頃には畳床、畳表、畳縁、が一体となった現代の畳に似た物になったようです。そして畳(畳床、薦の枚数)の厚さや、畳縁の(畳縁は奈良時代からあった)模様や色で座る人の身分が、決まり厳しい身分制のもとに、封建的な制度や風習が出来ていきました。
その中で高い身分の方に使われる、繧繝縁(写真左)や高麗縁(写真右)は古代に寺院を飾る錦として渡来した織物を、畳縁に使用したものといわれています。
この頃の絵巻に火事の絵が描かれているものがありますが、畳を担いで走る人の絵が書かれているので、とても畳は貴重で大事なものであったのがうかがえます。

鎌倉時代はじめごろはやはり置き畳での使用だったようで、絵巻物等にも来客のための座具や寝具用にに畳を運んでる絵が描かれています。
しかし鎌倉時代の終わり頃には現代と同じように建物の一部として部屋に畳を敷き詰めてある様子が絵巻(法然上人絵伝)に描かれています。
これは位の高いごく一部の貴族の邸宅での話で、庶民にはまだ畳は縁遠いものであったと考えられます。

イグサ http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-912.html



畳の歴史 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年11月10日(火) 記事No.2132

これから畳表替え(古い畳表から新しい畳表に張り替えること)作業工程を紹介します。昔より機械化がずいぶん進んできましたが、重要なのは人の技術です。
2005-08-27-12.jpg

まず始めに畳を裏にして、畳表と畳床を縫っててある糸をほぐします。
2005-08-27-8.jpg

包丁で畳縁を縫ってある糸を切り、畳縁をはがします。
2005-08-27-7.jpg

畳表がはがされた畳床の端が、膨らんでいる場合、機械で抑えながら縫い付けて締めなおします。(時と場合によります)
2005-08-27-6.jpg

畳床に畳表の切れ端や、ワラなどを手縫いで縫いつけ修理します。
2005-08-27-5.jpg

畳表を準備します。
2005-08-27-4.jpg

機械で畳床に畳表を縫い付けます。
2005-08-27-3.jpg

畳の床に合わせて畳表を切断します。これで畳表を張る作業は終了です。
2005-08-27-2.jpg

畳の縁(へり)を付けていく作業です。縁の裏側をまず縫っていきます2005-08-27-1.jpg

畳縁をひっくり返して、縁の隅(角)を止め、縁の側面を縫います。
2005-08-27-0.jpg

畳表替えの完成です。
いくつもの工程を経て一枚の畳表替えが完成します。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年11月03日(火) 記事No.2130
151102_153352.jpg
熊本県から目積表が届きました。(真ん中)
目積表は1目が通常の畳表の半分で細かく織られています。
縁無し畳によく使われ、目が細かい分通常の畳表より折り曲げやすいのが特徴です。
畳表の厚さは、通常の畳表(麻綿W表)よりは薄いです。
普通の畳表市松表と並べてみました。いろんな畳表があります。
畳表 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。