• 2016年06月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2016年06月26日(日) 記事No.2178
2010-09-16-0[1]
写真の畳表から出ている色の付いた糸は県証糸と言うものです。
写真左は熊本県産糸引き畳表、右は広島産(備後)麻糸市松畳表です。
県証糸は畳表の日本農林規格のたて糸の基準(太さ、引張り強さ、伸び率、混用率)を満たし、その証明として「県証糸」が入ってます。
県の証なので、それそれの県で違うようです。
熊本産では品物により、りんどう色やいちょうりんどう色があります。
畳屋は見えますが、お客様には見えないものですね 。
スポンサーサイト
畳表 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年06月20日(月) 記事No.2177
2008-04-04-0.jpg
写真はイグサの田んぼです。
皆さんが目にする畳の表面は畳表、その畳表はイグサという植物を織り上げて作られています。
イグサ(イグサ科、イグサ属)、学術的には『イ』といい、日本全土に自生する多年草です。畳表に使われるのは、『イ』の栽培品種で、コヒゲといいますが、一般的にはイグサと呼ばれています。野生の『イ』は20から60cmぐらいまでしか育たないのに対し,イグサ(コヒゲ)は200cm前後まで育つものもあり、その長さや、なんといえない香りが畳表に適しています。刈り取る時期は、暑い時期でもあるので過酷な重労働です。イグサは灯心草とも呼ばれ、江戸時代には茎の部分で灯明用に灯心を作ったり、薬用として乾燥させ煎じて飲むなど、一般生活に欠かせない必需品でした。現代ではイグサに含まれる豊富な食物繊維などが注目され、健康的な野菜として粉末にしてお茶にしたり料理に入れて、食べられるようになりました。
我が家でも植木鉢で育てていたイグサ穂花から発芽して庭のあちこちにイグサが生えて来ています。イグサの生命力に感心します。
ちなみに花言葉は『従順』です。
畳表 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年06月14日(火) 記事No.2176
160612_161346.jpg
日曜日は妻の実家の木の伐採。
相棒はチェーンソー君。
大きな木も切れますし助かってます。
今度当店の軽トラで切った木を処理しようかな。

日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年06月09日(木) 記事No.2175
160605_132520.jpg
妻の実家で見つけた、Wラジカセ。
子供の頃の憧れでした。
そのあと出てきたCDWラジカセ。
夢でした。初めて入手したとき大事に使いました。ダビングしてみたり、CDからテープに録音してみたり。
ラジカセ使ってみたくとも私はもうテープを持っていません。
まだ動くのかな?
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年06月05日(日) 記事No.2174
160605_152104.jpg
160605_165631.jpg
今日は草刈りをしました。
この時期の草は生えるのが早いです。
紫外線のせいでしょうか?疲れるのが早かったです。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年06月02日(木) 記事No.2173
160601_164607.jpg
160601_164621.jpg
半端に余った畳表のイグサをほどいて…
縄を編んでみます。
160601_165213.jpg
90cmほどの縄完成。うまくつなげれば何メートルにもなります。
これを持っていくと猫ちゃんと仲良くなれたりします。
フリフリ振ると楽しいみたい。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。