2009年07月15日(水) 記事No.1004
昨日畳の表替えが完了したお宅ですが、築3年でした。
理由がありかなり早い時点での表替えでした。
お若いご夫婦とお子さん2人。
周りの住宅もほぼ同時期に建てられたものが多くみんな2X4の住宅です。
このお宅は2X4をやめて在来工法の注文住宅に。
2間続きの和室が欲しく、建売にはまず無いということで、注文住宅にしたそうです。
2階にも一部屋。
お子さんが和室でゴロゴロしたり遊んだりしています。
夏は間仕切りの襖をはずし、広く涼しい感じのスペースに。
冬場は間仕切りで仕切って暖かくするスペースに。
奥様が言うには畳は夏は涼しく、冬場は暖かく感じるようです。
畳の部屋を最もうまく、機能的にお使いになってると思いました。
畳の表替え完成です。
20090713152243.jpg
1階の8畳と6畳の続き間。
20090714140616.jpg
2階の寝室。(ゴロゴロする?)
1階、2階の縁の色を変えることで、雰囲気を変えてみました。

20090714140654.jpg
畳表に半端が出たので、縁を縫いつけ畳表玄関マット?をプレゼント。
お子様も、「綺麗!いいにおいがする・・・」 「かしわ餅のにおい」
あ~
青々とした香りをかしわの葉の香りと表現するんだ~
子供の感性は素晴らしい!
畳の部屋が減少する中で、このように上手に使い畳を好んでいてくれるお客様に出会えて、畳屋として心からうれしく、勇気を頂いた仕事になりました。


スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL