2009年07月28日(火) 記事No.1015
20090728155819.jpg
今日は午前中に畳の仕事で、午後からは急いでいる襖の張り替えに取り掛かりました。
戸襖の紙を剥がし終わったあと、、押入です。桟をはずし、下処理をします。
茶チリという下処理用の薄い和紙を張り、裏側は雲華紙を張ります。
ある程度乾きましたら表の襖紙を張っていきます。
襖工事もただ単純に張るのではなくした処理などいろんな工程を経て仕上がっていきます。

茶チリとは・・・下張り用の薄い紙、下地の保護に使います。

雲華紙とは・・・主に押入の裏紙として使います。補修などにも使います。
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL