2010年07月08日(木) 記事No.1273
20100708202143.jpg
我が子4人はデザートにこのみかんの缶詰1個を分けて食べていた。
ひとり分は少ないので大事に食べていた。
飽食のこの時代。
このぐらいがちょうど良いかもしれません。
高校の時、山岳部だった私はこの缶詰めには絶大なる信頼を寄せていました。
重たいのですが、フルーツもあり、魚もあり、肉もあり、贅沢ですが鯨もあります。
お米さえあり小型ガスバーナー・クッカーで炊いたなら、食材を調達しなくてもどこでも食事が出来ます。
重たいのによく携行していたな~
現在のようにレトルトも種類は多くなかったというのもありますが、長期の保存食、災害保存食には最も良い物だと今でも信じております。
スポンサーサイト
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL