2010年09月29日(水) 記事No.1336
今日は今ある古い畳を処分して、まったく新しい畳に入れ替える新畳入れ替え工事です。
20100929101007.jpg
使う材料はこちら、宮城県産稲ワラ畳床と熊本県産無着色畳表です。
お部屋のサイズに合わせて畳床を切るのですが、そのときする作業があります。
稲ワラ畳床は40cmほどの稲ワラを圧縮して作られています。
新畳を作るとき畳床を切ったままですと畳床の端が糸の緩みにより、膨らむ可能性があります。畳床を縫って、後々、端が膨らまないようにする作業が縫い止め作業です。
Image20109291.jpg

当店の機械は締めて切断しながら、畳床を縫う作業も出来る機械なので、表替えの時も縫い止めをしたいときは締めながら縫うことが出来ます。
写真右がそうですが、①の横が畳床を縫う針です。20cm以上あります。
この針が畳に刺さって下の糸を引っ張り上げながら縫っていきます。
この作業をすると仕上がりが良くなると思います。
お客様には見えない作業ですね。

20100929151200.jpg

敷き込み後の写真です。見た目畳・・・
その中の材料はいろいろな種類の物があります。


新畳製造作業工程
http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-category-15.html
スポンサーサイト
畳床 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL