2007年04月07日(土) 記事No.144
苫小牧で、母親が1歳と4歳の子供を残して1ヶ月も放置した事件の新聞記事を読んだ。1歳の子は亡くなったが、4歳の子は生ごみや、生米、調味料などを食べて生き延び、母親が戻り玄関を開けると4歳の子は飛びついてきたしうです。
読んでとても悲しくいやな気持ちになりました。自分の子とダブってしまい、飛びつく姿の映像が頭に浮かびました。今日は落ち込んだ一日になりそうです。
かわいそうな子供たちを救うことのできない社会の現実があります。
スポンサーサイト
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL