2011年05月20日(金) 記事No.1465
20110520131953.jpg
先日、知り合いの農家さんから畳を全て新しくして欲しいとの依頼で見に行って説明を受けると、畳の上を歩くと音がすごいとのことでした。
実際音と言うより部屋全体が沈むような感じです。
畳のせいではない!
畳を持ち上げた所、床板のせいでは無い・・・
床板の一部は剥がし床下を覗くと・・・
大引きと束がかなり少ない!
築年数はかなり経過している家屋で当時ではそういう建て方だったのかも知れませんが年数の経過で補強が必要。
tyujoさん(棟梁)に状況を見てもらい、大引きと束を既存に足しまして、補強をすることにしました。
畳の原因では無いので畳は表替え。
床下工事はtyujoさんと私の2人で作業。
大引き4本、鋼製束25本を補強して床下補強工事終了。
最後に畳を敷きまして完成です。
床全体が歩くと揺れるような気がしたのですがそれがなくなりました。
1^2ヵ月後また状況確認をしたいと思います。
スポンサーサイト
建築 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL