2007年04月12日(木) 記事No.151
今日も仕事の合間に蜜ロウ塗り。合間がたくさんあるのは暇な証拠です(笑)
今日はお風呂の壁に使う材料のヒバ材に塗りました。ヒバの香りはすごくいいにおいです。
41201.jpg

蜜ロウを塗ると左みたいになります。右は塗る前のものです。
それにしても地道な作業。まだ洗面の壁、キッチンの木材の部分。まだまだあります。いや~大変だ!
41202.jpg

洗面の壁は色の合わない材料を買ったのですが、苦労して赤身の木を選んで集めてくれました。DK、洗面の壁は杉の木ですが、杉の木材にも赤身と白太があります。説明は下で。ではまた明日!

赤身とは

樹心近くの赤身を帯びた部分から製材された木材。白太(しらた)と呼ばれる外周のものより強度・耐久性とも優れる。「心材」ともいう。
スポンサーサイト
建築 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL