2011年08月27日(土) 記事No.1532
昨日終了するはずだった、畳工事。
工務店さんの仕事で、一部の床補修と、畳の張り替えの予定でした。
8畳の中に家具が満載で、一部しか見れなかったので、大丈夫と判断して施工。しかし・・・
家具を退かした畳の下の荒床は・・・
シロアリの被害・・・
急遽、大幅な床工事と畳の入れ替え工事になってしまいました。
1日の予定が2日間になる予定の大幅の狂い、敷き込みの手が足りない。
長女(中二)が畳の敷き込みのお手伝い。
畳を敷いたあと、介護ベットを定位置に戻して、大工さんが部屋の外に出したタンス4棹を部屋の中に入れて定位置に戻しました。
お客様も長女と来たので気を使ったのでしょうか?
手伝ってくれましたが、長女は・・・「必要ない」と思ったようです。
家具の移動は力だけでなく、呼吸が一番必要です。
私も長女と運んだほうがいろんな面で楽だったかも(笑)
いろいろ難しい年齢でしょうが、いざと言う時についてきてくれるので感謝です。
もちろん2人とも真剣だったので、写真を撮る余裕はありませんでした。
今日の夕飯は今日の仕事のこうしたほうが良い、こうしたかったと、長女の話を聞けてよかったです。
スポンサーサイト
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL