2011年10月13日(木) 記事No.1563
今日は忠匠工務店さんの現場で、荒床張替え&新畳入れ替え工事でした。
まず古い畳を引き上げます。
そして部屋の採寸。ここまでが畳屋の仕事。
ここからが工務店さんの仕事。
荒床の仕上がりの説明を聞き、工場で新畳製造。
ここからは工務店さんの仕事。現場では古い荒床を解体して新しい荒床への張り替え作業です。
荒床の張替え工事終了。

20111013155813.jpg
床材は杉の無垢の荒床です。
杉の香りがいいです。
そして畳を敷き込み、家具を移動して完成です。
20111013162343.jpg
うちと、忠匠工務店さんの連携と打ち合わせの結果、朝8時半から作業で、4時半には終了。
お客様も夕方からお部屋を使えることに喜んでおられました。
今回は作業時間、連携、仕上がり、とてもうまくいきました。
良かった良かった。

荒床張り替え工事http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-367.html

新畳製造工程http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-936.html

畳ができるまで動画http://sc-smn.jst.go.jp/8/bangumi.asp?i_series_code=B070601&i_renban_code=243
スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2011年10月14日(金) すごい!!
荒床と畳工事で1日って早くないですか~!!
すごすぎる!

それも工務店さんとの連携、信頼の賜物です。
これならお客様の負担も減りますね。

スゴい!!
ハルジオン | URL | コメントを編集 | 
2011年10月14日(金)
予定では最悪2日~3日を見ていました。単純な荒床工事ではなかったので、お客様もビックリしてました。まずは工務店さんが畳屋の仕事の順序をよく理解してくれていること。上から目線ではないと言うことです。
畳屋と工務店さんとが電話でいつも時間帯、作業状況を確認できること。
お互い最善の調整の元にお客様に最も過ごしいいことを目標にしました。
今回はかなりスッキリしました。
としひろ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL