2011年10月27日(木) 記事No.1573
昨日の続きですが、星新一さんの本、本当に処分したのだろうか・・・
よく考えてみると、もしかして残っているかも。
私自身引越しが3回です。
店舗兼自宅の実家から高校卒業してアパートに移り住んで、1回。
結婚して他のに移って1回。
そのあいだ父が他界し、母の介護もあって、店舗兼自宅に戻ってきて、母が他界し・・・
もしかして18年前アパートに移るとき・・・
天袋ではなく、屋根裏を見てみた。
あった・・・
面倒で、屋根裏に置いていた単行本小説、40冊以上。
星新一さんの本24冊。宗田理さんのも10冊ほど。
そのほかに芥川龍之介さんの人間失格、夏目漱石さん、、原田宗典さん「しょうがない人」、樋口有介さん「ぼくと、ぼくらの夏」、火浦功さん「たたかう天気予報」でした。
なんとなく覚えていますが何冊かはもう一度読み直そう。
20111027210235.jpg
この本たちです。
18年ほっておいたので、汚い・・・
でも長女は喜んでくれました。
しかし薄汚れすぎなので・・・
ブックカバーの無料素材をA4の紙に印刷してブックkカバーに。
20111027220757.jpg
妻と私と長女の共同作業。
みんなこの作業なんとなく好きそうでした。
妻は自分から入り込んできたしね(笑)カラフル綺麗になりました。
昔私が読んでいた本を大事にしてくれ、読んでくれることは内心とてもうれしかったです。
追申。
人間失格に読んだのにあまり思い出がなく・・・
私自身今ではあまり本を読まず・・・
確実に文学少年で無いことは確かでした。
スポンサーサイト
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2011年10月29日(土) よかったですね
そんな昔の本が出てくるのは、当時から将来が何となくわかっていたような…

不思議な気持ちになりますね。

私はもっぱらマンガでした。

長女さん、偉いなー。
ハルジオン | URL | コメントを編集 | 
2011年10月29日(土)
長女は漫画も読みます。小説も読みます。
バランスよいのですが・・・頭の出来は・・・(笑)
男どもはもっと読んで欲しいと思います。
今回は安く済みホッとしてます。
としひろ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL