2012年08月16日(木) 記事No.1731

さて岩手最終日です。




桃の木が1本あるので、お土産に持って帰ります。


家の下にカブトムシがいつもたくさんいる木があります。
昼間でも飛んでいますし、木には20匹以上ついています。
子供は2匹ほど捕まえて観察。
千葉とこちらでは気候が違うので放しました。

おじいさんもおばあさんも高齢で、だんだん思うように動けなくなりました。
おじいさんは毎年冬に箒を作っていたのですが、とうとうやめてしまいました。
近隣でも空き家が少しづつ出てきて、過疎化が目に見える現実化してきました。
遊びに来るにはいいところでも生活するとなると畑も山の斜面が多いので、規模が小さく農業だけでは生活は厳しい。仕事は少ないし、現実は厳しい。
スポンサーサイト
岩手帰省 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL