2012年10月10日(水) 記事No.1759
20121010160709.jpg

畳表替えのため畳を引き上げると、荒板がぐしゃぐしゃになってる部分が出てきました。
0.75坪分ぐらい。
全て張り替えるのはちょっとと言う事で、私が部分修理。
傷んでる部分輪剥がし、板の下の根太も補充。
使用した材料は杉の荒板です。
凹みがひどかった部分がしっかりしたので喜んでいただけました。
写真はばたばたで撮り忘れ。
最後敷く時に思い出し撮影。
部分張替えしたのだけは分かるでしょうか。


根太(ネタ) 床板を支える為の大引きまたは梁に直交方向に掛け渡された角材

荒板(アライタ) 荒床(あらゆか)の材料。 畳の下地としての床。 仕上げをしていない板(荒板)を用いるので荒床と呼ばれる。 無垢の板材を使用した床をさすことが多い。 合板などを張ることも多いが畳の調湿作用がうまくいかずに、畳、床の耐久性に問題が出る場合があります。



スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL