2015年09月20日(日) 記事No.2121
150920_155815.jpg
今日はお彼岸。
父と母のお墓に家族でお参り。
所有者、墓守は私です。
私が23歳で父が亡くなり、岩手県出身の父母ですが、居住地は千葉県で、この地で生活してるので、こちらにお墓を立てました。(父の保険等で私は無力でした。)
岩手県の本家は帰省の時お墓参りをしています。
父、母は生きていてもまだ70前なので、お墓参りの多くは父母の同年代前後の方が多いので、共同の水場を使うとき、(おもに子供にさせてます。)こんにちは、ご苦労様です。と声を掛けられます。
今回は連休のせいでしょうか?
若い人は少なく、お参りも混んでいませんでした。
お墓参りにも時代を感じます。
スポンサーサイト
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL