2016年10月07日(金) 記事No.2205

161007_110807.jpg
今日は少し大きい和室の畳の入れ替え作業。
通常の畳より大きい。
京間でした。
畳=同じ大きさと思ってる方も少なく無いと思いますが、畳は部屋にあわせて作るオーダーメイド商品なので、こんなにオーバーではないですが、多少の大きさの違いがあります。
基本の畳の大きさですが関東間と呼ばれる畳は長さが約176cm幅が88cmです。
京間と呼ばれる大きな畳のサイズは長さが約191cm幅が95.5cmです。
これを基本として部屋に合わせて多少大きくしたり小さくしたりして部屋に合わせてぴったりと敷き詰めていきます 。
お客様の要望ですべて天然素材。
なので材料は畳床は稲わら畳床。宮城県の床屋さんから送ってもらいました。
畳表はいつも使っている熊本県産のやすのぶさんに連絡をして送ってもらいました。
東北と九州から取り寄せていい仕事ができました。
作業に集中して写真撮り忘れ。

珍しい仕事でしたので残念。


畳表生産者やすのぶさんhttp://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-category-17.html

宮城県産畳床http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/category3-1.html#entry1719

スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL