2007年09月20日(木) 記事No.338
92001.jpg

今日の朝、初めて見る畳の安売りチラシが新聞の広告の中に入っていた。
書いてある金額は異常に安い。
そのほか備後表や、熊本高級表もあると書いてあるが金額は載っていない。
そのほかリフォームもやってるようだ。
お昼ごろ電話してみた。
私「チラシに載ってるのは国産ですか?」
業者「中国産の安いものです。」
私「熊本産もあるようですがいくらですか?」
業者「ここは受付なので営業が見積もりに伺います。」
私「大体の金額が分からないと、検討できないのですが・・・」
業者「こちらは受付なので、営業の者が折り返します。連絡先等を教えてください」
私「じゃあもう一度考えて見ます。」
業者「そうですか?」

それで電話を切りました。
ガードが固いな~
最近このような業者は金額を教えないで見積に来ようとするみたいです。
大体の金額が分からなければ、検討のしようも無い・・・
いきなり見積をされて驚くほど高くてもしつこくされて根負けする方もいるでしょう。
怖くて頼んでしまったという方も聞いたことがあります。
畳と襖は大体の金額が分かるんだから、普及品から高級品まで金額を載せたほうがいいはずです。
この地域のまともな畳屋さんのチラシは金額も細かく載ってますし、よく出来てるものも多いです。
極端に安い金額だけ載せてる業者は特に注意したほうがいいかもしれません。
ここの業者、HPもあるようなので開いてみましたが、見事に金額が載っていない。


次男の話です。
先日ファミレスで次男がスパゲッティを食べてると、
ズッ!ズッ!ズズ~
という音が・・・
「おそばは音を立ててもいいけどスパゲッティは音を立てないように食べるんだよ」
というと、
次男元気良く
「わかった!」
でも次の瞬間
ズッ!ズッ!ズズ~
分かって無いじゃん!
合気道の型見せてというと肩見せるし、
正直に謝りなさいと言うと、掃除機にごめんなさいというし・・・・
手ごわい・・・
スポンサーサイト
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2007年09月20日(木)
決してあなたを困らせるために書いたわけではありませんので、ご了承ください。

もしよかったら次の質問にお答えいただければ、幸いと思いますが・・・。

あなたのご子息が、あなたのお店の後継者となったとして、一緒に現場に行ったとします。その家が「畳の床を変えてほしい」ということで注文され、畳床を引き上げたとします。それがたまたまあなたが作られた
藁床の畳でした。そこで、あなたのそのご子息が
「軽い畳床があるのに、誰がこんな藁床にしたんだよ、重くて仕方ねえ~よ、作った人は、先のことを考えて作ったのか」とぼやいたとします。
あなたはこのご子息の発言にどう対処しますか。

第2
あなたは、藁床が好きですと以前このブログで書かれてます。もしそうならば、仮に初老の年代になって、あなたが(ご子息と一緒にでもかまいませんが)現役で続けられたとします。仮にあなたが作られた藁床のアパート、マンションを引き上げたとします。それがたまたま最上階のところでした、あなたはそれでも引き上げますか、しかもそこはエレベーtターのない、階段しかないところですが。

実は、私の知り合いが畳屋さんで、ある日酒の席ですがこのようなぼやきを私に言いました。もしあなたなら、どうするのか、教えていただければ、よろしいですが
(文中多少失礼なことを書いたことをお許しください。ただその男は私の古くからの親友でして、酒の席で心を許したのでしょうか。思わずこうぼやきました。世の中いろいろと考えがありますので、一連これが正解というのはないと思いますけど)
匿名 | URL | コメントを編集 | 
2007年09月20日(木)
基本的に考え方が違います。
畳床が軽い=仕事が簡単
と受け取れます。
基本的にお客様あっての仕事です。
実際他の畳屋さんで稲ワラ畳床はダメだといわれて当店に注文された方も多いです。
その代わり建材床で入れ替えすることもあります。
お客様のライフスタイルに合った物を提供できればいいと感じております。
実際、入れ替えをする時は建材床も稲ワラ畳床もそのものを持って行って決めてもらいます。もちろん両方の長所短所も説明します。
仕事が楽だからと建材床のみを勧める畳屋さんには疑問を感じます。
ご質問の文章にお客様のことを考えたものがないのでは?
自分たちのことのみを考えてるのでは?と思います。
まあ実際、建材床の仕事は楽でいいですよね!
真剣に稲ワラ畳床と建材床の両方を作られている現場を見たほうがいいと思います。
稲ワラ畳床を人生をかけて作られている方もいますから。
楽じゃないからといって簡単に畳業界から捨てるのはもったいないですよ。
さてグチグチしましたが、
質問の回答をしたいと思います。

「軽い畳床があるのに、誰がこんな藁床にしたんだよ、重くて仕方ねえ~よ、作った人は、先のことを考えて作ったのか」
これは論外です。勉強不足です。
確かに建材床のほうが軽く、仕事がしやすいかもしれません。
良い点もあります。でもそれだけではないはずです。
当店のスタッフも建材床が楽ですが、建材床のほうがいいとは言いません。かえって稲ワラ床の方が好みのようです。70歳のスタッフも同様です。
もし後継者がいたとしてこの発言をした場合、諦めます。
私がやってきたのが伝わらないのならそれまでです。
私一人の力はあまりにも小さいですから。

第2
あなたは、藁床が好きですと以前このブログで書かれてます。もしそうならば、仮に初老の年代になって、あなたが(ご子息と一緒にでもかまいませんが)現役で続けられたとします。仮にあなたが作られた藁床のアパート、マンションを引き上げたとします。それがたまたま最上階のところでした、あなたはそれでも引き上げますか、しかもそこはエレベーtターのない、階段しかないところですが。

これですが、問題ですよね。
私が年をとり、後継者がいないとするならば、これも諦めるしかないでしょう。
アルバイトを使うとか・・・
でも私の父はがんばりましたよ~
病気でもがんばりました。
その姿で今、私が畳屋としているかもしれません。
私は世の中と親とそして親の家業である畳により生きてきました。
畳の本当の姿、良さをこれからも勉強したいと思います。
私にとって畳は奥が深く、特別なものなのです。
としひろ | URL | コメントを編集 | 
2007年09月21日(金) 匿名さんへ
人の家に土足で踏み込むに等しい
挑戦的なコメントはいかがなものかと。
ブログは、意見をぶつけ合う場ではないはずです。
ここは、としひろさんの日記なのですから。
彼の考えをしっかり受け止めてから
コメント残すなら、敬意のこもった
書き込みを致しましょう。
ねこ | URL | コメントを編集 | 
2007年09月21日(金)
ねこさん

ありがとうございます。
うれしいです。
私のブログは公開してますし、コメントも書き込めるようにしてるので、ある程度は覚悟するようにはしてます。
いろんな考えの方がいるので共感できること、共感できないこともあるでしょう。
畳をあまり知らない方が少しでも知ってもらえることはブログをやっていて良かったと喜びを感じます。
今後も質問などには私の出来る能力の範囲内で、お返事したいと思います。
あまり悪意のあるのは困りますが(笑)
ねこさんの優しさがうれしい・・・
としひろ | URL | コメントを編集 | 
2007年09月22日(土)
近くで森さんの仕事に対する姿勢を見ていますが
森畳店ではそのような意見をする弟子(後継者)は育たないでしょう
若くして亡くなられたお父さんもそうでしたが
実直に仕事をこなし きっとその弟子たちも
その後姿を見て育つのでしょう

年老いた職人は
後継者が育たない場合
前出のように不本意ながらも
仕事をあきらめていくのかも知れませんね
他人事ながら寂しさを感じます

ちょっと重くなってしまいましたが
タタミマンの成長
楽しみにしています
おやじギャグも仕込むのでしょうか?

そういえば前に合気道の型を見せてといったら
自分の服を下げ 肩を見せてくれましたね
血筋でしょうか
ハハハ・・・

tyujo | URL | コメントを編集 | 
2007年09月22日(土)
悲しいけれど誰もがいつかは引退しなくてはいけなくなりますね。
後継者はどうなるのかはどの職種も誰も分からない事ですが、出来たらいいですね。
おやじギャグ・・・仕込まなくても覚えてるようなきがします(笑)
としひろ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL