2007年10月01日(月) 記事No.352
当店では賃貸物件の多くや、新築でも予算のないものは熊本産畳表(無着色)の5番(イグサの長さ110cm以下)を使います。 (畳表のランクについて)

理由は安全安心面。ほとんどの5番が直販のやすのぶさんの表です。
ここ数年中国産のイメージが悪いこと、(着色、農薬、輸送の時に薬品を使ってないか?など)
あとここ最近良く耳にするフードマイレージなどの生産地の近くのものを選び、輸送の距離を短くする事も考えてはいます。
着色、農薬など安全面を無視すれば中国産のほうが見た目が良いという場合が多いのも確かです。中国産のなかにも良い品物があります。
必ずしも見た感じが良い=良質な品物とは限りません。
それは当店と不動産会社と建設会社の決め事で、入居者には伝わっていないことも多いです。
かえって安いと思われたくないため余計な説明はしてほしくないようです。(取り扱い説明等はおいていきます)
そこでごくたまに指摘されるのが、畳表が全体的に青くなく、端が白っぽい気がするとの指摘です。
今回の指摘は営業の方からでした。
端まで青々としてないとの事でした。
賃貸などは安いほうがいい、安けりゃいい、というような状況の予算の中でちゃんとした説明の必要性も感じましたが、クレームが多いようなら中国産でもいいじゃないか!と心が折れそうにもなりました。
でもやるだけのことはやってみます。
いままでブログで書いてきた中から写真などを整理して、私なりに作ってみました。あと畳表が出来るまでのパンフも添えて合計4枚。

Image10104.jpg

Image10105.jpg

Image10101.jpg

Image10102.jpg

(クリックすると大きな画像になります)
内容的にはまだまだかもしれませんがまずはこれから。
それでもだめなら、また話し合うことにします。
出来れば今の方向性で行きたいとは思いますが・・・

そんな中にもうれしい仕事が!</span>
スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL