2007年11月18日(日) 記事No.398
11180010.jpg

皆さんが目にする畳の端に付いているのが畳縁(たたみべり)といいます。畳縁は奈良時代からあったもので、畳縁の模様や色で座る人の身分が、決まり厳しい身分制のもとに、封建的な制度や風習が出来ていきました。その中で高い身分の方に使われる、繧繝縁(左)や高麗縁〈右〉は古代に寺院を飾る錦として渡来した織物を、畳縁に使用したものといわれています。現代でも雛人形のお内裏様とお雛様が座っている畳には繧繝縁が使われ、神社、寺、茶室の床の間などで大紋高麗縁が使われているのが見られます。

  繧繝縁 ・・・天皇、神仏
大紋高麗縁・・・親王、大臣
小紋高麗縁・・・大臣以下の公卿
   紫縁  ・・・四位五位の雲客
   黄縁  ・・・六位以下
  縁なし  ・・・無位の者
スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2007年11月21日(水)
こんばんは!^^
きれいですね~^^
小物入れまだまだシッカリしています。
丈夫ですね!
岩手はカナリ寒いです。
雪も降っていますよ・・・
tengtian60 | URL | コメントを編集 | 
2007年11月22日(木)
毎日見てますよ。
秋から急に冬になりましたね。
日に日に、寒さが増してまいりますが、お風邪などひかれません様にお体ご自愛くださいませ。
としひろ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL