2008年01月24日(木) 記事No.467
20080124151528.jpg

今日は襖の仕事場のリニューアルの為、思い切った整理をしました。
無駄にとってあるものが多い・・・
中古の襖の桟(枠)ですが、いつか補修などで使うかもととってあったのですが約9割は使わずに長いものでは5年も置いてある・・・
数として100数十本20~30本は使うだろうと残しましたが、100本は処分する事になりました。
中古の桟はすべて新しくする予算がない場合や、ごく一部が壊れてる場合など、の補修用に中古で使うことがあります。
中古の取り扱いは特に難しいです。

〔全体的に壊れてる場合や、年数の経ったものは中古では対応し切れません。たまに中古でもいいから安く、安くといわれますが、中古は半端なものなので、うまくはいきません。〕
スポンサーサイト
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL