2008年06月27日(金) 記事No.619
今日は賃貸物件表替えでした。
4~5年前に張り替えた畳ですが、畳表は中国産です。
着色がきつめのようで、焼け方がまだらです。
20080627074401.jpg

20080627074420.jpg

表面は焼けていますが、目の奥はまだ着色が残ってるようでした。
あまり見た目がいいものではありませんでした。
着色してると最初の見た目はいいです。でも・・・
無着色は・・・賃貸用に使われる金額の安いものは特にそうですが天然素材の特徴が出すぎてクレームが出やすいのです。
まあ、木材の節みたいなものでしょうか?
天然素材はクレームが付きやすい・・・
なんか矛盾してるような・・・
クレームの為や、儲けのために偽造が横行してるのでしょうか?悲しいことです。
まともなものはちゃんとした説明が必要です。
スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL