2008年09月05日(金) 記事No.687
今日はリビング(洋間)に畳を敷く工事の納品でした。
今までは置き畳をおいていたのですが、すぐ動いてしまうということで、4畳分だけ畳を敷き詰めることになりました。
20080905093143.jpg
今まではフローリングのリビングに、
20080905102207.jpg
20080905102218.jpg
4枚畳を敷きました。畳の厚さは普通の畳の厚さの約半分の一寸(3cm)、大きな段差は避けたいけど張替えもしたい。
お客様の希望の稲ワラ床でということで、この厚さになりました。
問題は畳寄せ。
フローリング材を大きく傷つけたくない、ボンドはもってのほか。
20080905102430.jpg
3cm角の木材を畳寄せにして、フローリング材の継ぎ目に釘が刺さるように隠し釘で施工しました。
もし畳を上げるときでもフローリング材の穴は目立たなくて済むと思います。
畳の裏にも滑り止めの加工をしましたし畳寄せもあるので畳は安定するでしょう。
建材床を使用すると思っていましたが、稲ワラ床の1寸とは・・・
かなり久しぶりの仕事になりました。
ちなみに洋間に畳を敷く場合の畳寄せの木材、加工は、180Cmの2本分(2間分)は無料で施工します。
スポンサーサイト
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL