FC2ブログ

2008年11月05日(水) 記事No.786
昨日と今日で6畳、6畳、4.5畳、合計16.5畳の畳表替え。
それと襖の張替え、壁紙の張替えでした。
壁紙はいつも一緒に仕事をしている内装屋さんに施工してもらいました。
畳はいつもと違います。
すべての部屋の畳の柄が違います。
お客様の直感での施工です。
まずは市松表・・・
20081105180613.jpg
20081105180624.jpg
4.5畳は目積表です。
20081105180715.jpg
通常の畳より目が細かいです。
最後の6畳はやすのぶさんの1番表
20081105180642.jpg
畳表が違うと部屋の雰囲気が違います。
なんとなくで決めていたものでもこだわりを持てば畳といえどもいろんな顔が見られます。
畳縁が違ったならもっと違いが分かったかもしれません。
よい勉強になりました。


あれ?もう一つのブログがおかしいです。
スポンサーサイト



畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2008年11月06日(木) おっ!
お疲れ様です。
 上物ばかりの素材の選択に、お客様の拘り、「直感」が伝わってきますね!
 面白い施工ですね!色々な畳生活を、満喫していただきたいですね。
sugitatami | URL | コメントを編集 | 
2008年11月06日(木)
お客様としては上物というより、個性を大切にしてる感じでした。
内装もすべて部屋ごとに違いましたし、襖もそうです。
結果的に良い品物でという感じになりましたが、このような選び方、チョイスがあるのだと、とても勉強になりました。
上物でなくても、部屋ごとに畳縁や、襖柄、壁紙を変えることで、いろんな部屋の顔が見れるかもしれません。
畳屋としての目線ではないよい勉強になりました。
としひろ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL