2009年02月11日(水) 記事No.864
今日は休日。今まで住んでいた住まいを取壊す解体作業です。(今は店舗を店舗兼住まいとしております)
屋根、梁、大まかな柱等は本業の大工さんにお願いしまして、簡単なところは自分で解体しています。勉強の為が大きな理由ですが、経費削減にもなっております。
今日は1階部分の床を剥がして行きます。
午後、2時間ほど長男(小3)が手伝いをしてくれました。ゴミ拾いと、なんと根太を10数本(床板を支える為の大引きまたは梁に直交方向に掛け渡された角材)バールを使い一人で解体できました。
20090211162205.jpg
さらに大引き(根太を受ける角材)についてる床束((大引きからの荷重を支える為に立てる束)も取りました。
20090211163401.jpg
このような作業は危険だと思われる方も多いと思いますが、高所でもなく、私の監督下の元での作業で経験の一つと考えます。
子供の成長がとても頼もしくもあります。
私も1人より楽しく作業できました。


スポンサーサイト
建築 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2009年02月12日(木)
解体も、もう少しですね
それにしても3代目の働きはすごいですね
遊びたい盛りに親の手伝いとは偉いです
私の子供のころは 皆 そうだったような気がしますが・・
将来が楽しみですね!
tyujo | URL | コメントを編集 | 
2009年02月12日(木)
手伝いと言っても遊び半分です(笑)
でも本当に根太を自分ひとりで解体しました。
これにはビックリです。
時給は・・・200‐です(笑)
としひろ | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL