2009年05月11日(月) 記事No.945
当店で主に使っている畳表は問屋さん等を通さずに直接、畳表生産者さんから仕入れています。
畳屋さんの中では珍しいと思いますが、その畳表生産者のやすのぶさんから今のイグサの生育情報が届きました。
D.jpg
産地情報です。
今のところイ草の生育は悪くないようです。

先刈りが終わり、イ草が伸びてきたら倒伏防止網を張ります。
まずは杭木や鋼管を立てて打ち込みます。
E.jpg
D.jpg

そして網を張ります。
イグサ自体は1本1本細い為、1m数十センチ(時には2m近く)にも伸びるイグサが倒れて折れてしまわないように、網を張った後は網と網を紐でつないだり、イグサの伸びに合わせて段々と上げていきます。
通称「網きびり」と「網上げ」と言います。

このイグサが生育して6月~7月に刈り取り、加工を経て畳表になって行きます。
続く・・・


スポンサーサイト
畳表生産者やすのぶさんの1年。 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL