2009年05月25日(月) 記事No.959
産地情報です。
イ草が伸びてきたら網上げをします。
その前に網と網の間のイ草を棒を使って両側の網に入れていきます。
G.jpg
通り道を作り網上げの時にはここを通ります。

H.jpg

画像は一番最初に収穫する田んぼです。
品種は夕凪です。刈り取りまで約1ヶ月です。
肥料散布も終わり、後は程よい雨が降ると収穫の頃には
杭木が隠れる位に伸びる・・・予定です。


I.jpg

画像は一番最後に収穫予定の田んぼです。
品種はひのはるか。最初のと収穫期が1ヶ月近く違います。
これから長くなる芽がどんどん出てくる頃です。

なぜ網を張るかというと、イグサは細長いので倒れてしまわない為に張ります。
網を張った後は網と網を紐でつないだり、イグサの伸びに合わせて段々と上げていきます。
通称「網きびり」と「網上げ」

このイグサが加工を経て畳表となっていきます。
スポンサーサイト
畳表生産者やすのぶさんの1年。 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL