2009年06月04日(木) 記事No.969
畳表生産者のやすのぶさんから今のイグサの生育情報が届きました。
J158.jpg

最近の作業です。
まずは肥料散布。
この他に肥料を水に溶かして流す「流し肥」というやり方があります。

K532.jpg
「網上げ」と「網きびり」後の写真です。イグサ自体は1本1本細い為、1m数十センチ(時には2m近く)にも伸びるイグサが倒れて折れてしまわないように、網を張った後は網と網を紐でつないだり、イグサの伸びに合わせて段々と上げていきます。
「網上げは」網を揺さぶりながら上げていきます。
「網きびり」は網が緩くならないように網と網を何カ所も結んでいきます。

L987.jpg
それと今はイ草に被害を与えるイグサシンムシガの防除をしています。
被害にあった茎です。色が変わってるのが幼虫の食害によって
枯れてきてる茎です。

M654.jpg

画像はイグサシンムシガです。
特徴はイ草に止まると半回転して下向きになります。
以前は蛾と幼虫両方防除してたんですが、エコファーマーの認定を
受けてからは被害を与える幼虫だけを防除し回数を減らしています。

このイグサが生育して6月~7月に刈り取り、加工を経て畳表になって行きます。
続く・・・
スポンサーサイト
畳表生産者やすのぶさんの1年。 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL