2018年03月14日(水) 記事No.2242


もとのノラちゃん。
保護猫になりました。
それが1年前。
そのあと・・・
なぜか猫が増えることに…
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年02月09日(金) 記事No.2241
180208_104902.jpg
押入れ襖、両面襖の新規を作りました。
それぞれのサイズのチップ芯に引手の穴をあけ、襖紙を貼ります。
そして今回はウルミの枠でしたので、ドブ、マス、天、地と枠を取り付けます。
あとは現地で、調整をしながら取り付けます。
ちょっと時間がかかります。
 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年01月26日(金) 記事No.2240
180125_142850.jpg
180125_142836.jpg
180125_142830.jpg
後日ダイケン銀白で畳の表替えをするお客様の為の薄縁を作りました。
その後です。
ハンガーラックやその他小さい家具の下に敷くため、それぞれのサイズに合わせ3枚製作しました。
畳表替えの後に使いました。
小さい箪笥の下には敷きました。
あと2枚はお客様ご自分で整理しながら置きたいということで、置いて終了となりました。
材料を同じもので薄縁にしましたので、畳自体と一体化して感じは良かったです。
以前は買ったもので代用してたので喜んでいただきました。

畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年01月20日(土) 記事No.2239
180120_150606.jpg
後日ダイケン銀白で畳の表替えをするお客様の為の薄縁を作りました。
薄縁も同じ材料で作ります。
ハンガーラックやその他小さい家具の下に敷くため、それぞれのサイズに合わせ3枚製作しました。
畳表替えの後に使います。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年01月18日(木) 記事No.2238


お昼、目玉焼き食べようと卵わったら双子でした。ラッキーな気がします。最近は見られませんでした。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年01月17日(水) 記事No.2237

10数年ぶりに見ました。柄表白秋です。普通の畳表と織り方が違います。珍しい畳表です。そういえば当店でも取り扱ってました。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2018年01月15日(月) 記事No.2236
昨日は畳の下の荒床の張替えをしました。
180114_084928.jpg
荒床材がコンパネでしたので、カビが生え、フカフカでした。
コンパネを剥がします。
180114_091902.jpg
既存の土台、床束、大引き(縦の角材)、根太の状況はOK。
根太の間隔が1.5尺間隔でしたので、根太の本数を増やします。
180114_105127.jpg

畳の調湿作用の為。
荒床は杉の荒板(無垢)。
180114_112715.jpg

荒床工事完成です。しっかりしました。
このあと畳を敷き込みます。襖の張替えもありますので仕上げは後程…


床束とは床の構造の一部。大引から垂直に地面に下ろし、束石を通じて床の荷重を地面に伝える部材です。
大引とは、根太を支えるために、水平に渡される部材のこと。木造の床組の部材。
木造住宅の床で、床板の下に渡した根太と土台の間にわたされる構造材。土台の上に大引きが配され、その上に根太が渡され、さらに床板を支えるという順番に施工される。根太とは垂直に配置される。一般に、大引きは、およそ90cm間隔で土台の上に渡され、およそ9~12cm角の角材が使用されることが多い。

根太(ネタ) 床板を支える為の大引きまたは梁に直交方向に掛け渡された角材

建築 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年12月11日(月) 記事No.2235
2010-09-16-0[1]
写真の畳表から出ている色の付いた糸は県証糸と言うものです。
写真左は熊本県産糸引き畳表、右は広島産(備後)麻糸市松畳表です。
県証糸は畳表の日本農林規格のたて糸の基準(太さ、引張り強さ、伸び率、混用率)を満たし、その証明として「県証糸」が入ってます。
県の証なので、それそれの県で違うようです。
熊本産では品物により、りんどう色やいちょうりんどう色があります。
畳屋は見えますが、お客様には見えないものですね 。
畳表 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年10月16日(月) 記事No.2234

これから畳表替え(古い畳表から新しい畳表に張り替えること)作業工程を紹介します。昔より機械化がずいぶん進んできましたが、重要なのは人の技術です。
2005-08-27-12.jpg

まず始めに畳を裏にして、畳表と畳床を縫っててある糸をほぐします。
2005-08-27-8.jpg

包丁で畳縁を縫ってある糸を切り、畳縁をはがします。
2005-08-27-7.jpg

畳表がはがされた畳床の端が、膨らんでいる場合、機械で抑えながら縫い付けて締めなおします。(時と場合によります)
2005-08-27-6.jpg

畳床に畳表の切れ端や、ワラなどを手縫いで縫いつけ修理します。
2005-08-27-5.jpg

畳表を準備します。
2005-08-27-4.jpg

機械で畳床に畳表を縫い付けます。
2005-08-27-3.jpg

畳の床に合わせて畳表を切断します。これで畳表を張る作業は終了です。
2005-08-27-2.jpg

畳の縁(へり)を付けていく作業です。縁の裏側をまず縫っていきます2005-08-27-1.jpg

畳縁をひっくり返して、縁の隅(角)を止め、縁の側面を縫います。
2005-08-27-0.jpg

畳表替えの完成です。
いくつもの工程を経て一枚の畳表替えが完成します。
畳表替え作業工程 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年09月21日(木) 記事No.2233
170916_142022.jpg
今年もこの時期にちゃんと咲いてくれました。
カレンダーも見ていないのに偉いね。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |