FC2ブログ

2019年05月13日(月) 記事No.2288
190511_100814.jpg
土曜日の午前10時に店頭に置いた薄縁。
ご自由にどうぞで、あっという間になくなりました。
通常の畳もこれくらい売れるといいんですけどね(笑)
190513_130912.jpg
今日は熊本県の畳表生産者のやすのぶさんから畳表が届きました。
20枚入りが3個。
30枚入りが2個。
120枚です。
少しお休みしてから、使い始めます。


畳表 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年05月10日(金) 記事No.2287
190509_141824.jpg
半端に残った畳表がたまってきました。
1畳には足らないので、使い道がありません。
当店は農家さんから直接送ってもらい、1畳に切ってるものではなく、10畳分連続でつながっている畳表が入荷しますので、少し小さい畳があると半端に残ってしまいます。
先日問屋さん寄ったついでに使い道のない残った畳縁を譲ってもらい、薄縁にしました。
明日の午前中、店頭に置いてご自由にお持ちくださいとしておきます。

畳表 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年05月06日(月) 記事No.2286
190505_111900.jpg
190505_112925.jpg
190505_133044.jpg
190505_110922.jpg
昨日は草刈り。この時期結構伸びています。
ここ数年で変わったことはイノシシの掘った穴が多数出てきたことです。
そしてタケノコも生えているはずが、全く無い。
イノシシの仕業でしょう。
だんだん人の住む地域に近くなってきています。
日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年05月01日(水) 記事No.2285
2010-09-16-0[1]
写真の畳表から出ている色の付いた糸は県証糸と言うものです。
写真左は熊本県産糸引き畳表、右は広島産(備後)麻糸市松畳表です。
県証糸は畳表の日本農林規格のたて糸の基準(太さ、引張り強さ、伸び率、混用率)を満たし、その証明として「県証糸」が入ってます。
県の証なので、それそれの県で違うようです。
熊本産では品物により、りんどう色やいちょうりんどう色があります。
畳屋は見えますが、お客様には見えないものですね 。
畳表 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年04月12日(金) 記事No.2284
190412_150232.jpg

今日の作業は畳の裏返し14畳。
10年前当店で表替えをしていまして、今回は10年ということで、張替or裏返しが可能か先日下見に行きました。
10年ですと裏返しがきれいではない場合も多く悩みどころでしたが、ニャンコちゃんがいて細かい爪の後だけで、前回の畳表も厚いものを使用したし、ニャンコちゃんもまだ若く遊ぶでしょうから何とか裏返しでと提案させていただきました。
実際裏返してみると思った以上に裏側はきれい。
シミもほぼない。
きれいな裏返しになりました。
残念なのは引き上げる前の写真は撮り忘れ。
ガラケーなので写真の画像もよくない。
カメラも持ち歩くの忘れちゃうし…
携帯変え時か…




近年では畳の裏返し、表替えと言っても意味が分からない方が多いです。
畳の裏返しは畳を持ち上げてひっくり返すだけだと思っている方がかなり多いです。
裏返しとは今現在付いている畳表面の畳表(ゴザ)を剥がして、ひっくり返して縫い付けます。
新しい畳から5年程度での裏返しが理想です。畳縁は新しくする場合がほとんどです。
20090724082213.jpg
畳をひっくり返して畳表と畳床を縫いつけたある糸を解きます。

20090724082447.jpg
畳を表に戻して畳縁と畳床を縫ってある糸を包丁で切りながら畳縁を剥がしていきます。このとき古い畳表を傷つけないようにしなくてはいけません。

20090724082620.jpg
畳表を畳床から剥がすと今までは内側で見えなかった畳表の裏側が出てきます。
年数が8年でも裏側は結構きれいです。
このとき畳床の補修箇所があるときは補修をします。

20090724084452.jpg
畳表をひっくり返します。今まで裏の面だった畳表が表側になり、今まで使って焼けてしまっていた表側が裏側になります。
そして畳床に縫い付けます。

20090724085059.jpg
畳表を畳床に縫いつけた後は畳の端に付いてある畳縁を縫いつける作業です。
畳縁を裏面にしておき、形が崩れにくくする為の下紙(型紙)を上に置きまっすぐ縫い付けます。
この状態では畳縁のイメージが湧きませんね。

20090724090434.jpg
畳縁の裏側のまっすぐ縫ったところを起点に畳縁をひっくり返します。
そうすると縫い目が見えなくなり、畳縁の表の部分が出てきます。
この畳縁を畳の側面に縫い付けます。
畳の上から見ると縫った部分は見えません。

20090724090548.jpg
畳の裏返し完成です。

この作業を6畳でしたら6枚、8畳でしたら8枚作業してお客様のお部屋に敷きこまれていきます。

畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年04月12日(金) 記事No.2283

日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年03月21日(木) 記事No.2282
190320_153702.jpg
今日は畳の入れ替え工事。
古い畳を処分して新畳に入れ替えます。

畳を上げるとその下の床は杉の荒床だったのですが、劣化で、釘がさびて頭が取れる。
これでは板がばたばたで具合悪い。
釘打ち機で部屋のすべての板を釘打ちしました。
700本ぐらいです。
床もしっかりしました。
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年02月28日(木) 記事No.2281
今日は一般住宅の畳の表替え8畳でした。また今回も細かい追加作業です。
写真は以前の物を使います。

Image20086012.jpg
(分かりやすくするためのイメージ写真)
畳の表面である畳表と、畳の端の畳縁を剥がしますと写真のように中に畳床が見えます。

20111226095623.jpg
今回の畳床も縫い止めがしてありませんでした。
稲ワラ畳床は40cmほどの稲ワラを圧縮して作られています。
新畳を作るとき畳床を切ったままですと畳床の端が糸の緩みにより、膨らむ可能性があります。畳床を縫って、後々、端が膨らまないようにする作業が縫い止め作業です。
150306_113148.jpg
150306_113126.jpg

当店の機械は締めて切断しながら、畳床を縫う作業も出来る機械なので、表替えの時も縫い止めをしたいときは締めながら縫うことが出来ます。(今回は包丁ははずしての作業でした。)
畳その他 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年02月20日(水) 記事No.2280
190220_161933.jpg
先日うちの近所のJさんが畳縁が欲しいというので、半端に残った畳縁を分けてあげました。
そして今日お礼にと畳縁で作ったバッグをいただきました。
裏地もちゃんとしてるしすごい!
申し訳ない。
うちのニャンコも興味津々。
わらしべ状態です。

日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2019年02月01日(金) 記事No.2279
190131_153340.jpg
店前に和室のドールハウスが12個置いてあります。
1~12月のものです。
先日小学生(低学年)の子が12月のクリスマスっツリーが倒れてるよと教えてくれました。
今度時間を作って直します。

日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 |